明治時代年表

1886年(明治19年)

月日 出来事・事物起源・話題
1月1日正貨兌換を開始する(銀本位制)
1月1日 鉄道定期乗車券、初めて発行される
1月9日 修史館を廃し、内閣に臨時修史局を設置
1月26日 北海道の3県を廃止し北海道庁開設(長官は岩村通俊)
1月28日 鎮台を廃して師団とする
1月28日 ハワイと渡航条約調印
2月27日各省官制通則を公布、職種・指揮命令系統を定める
2月28日 六鎮台を廃し師団とする(東京・仙台・名古屋・大阪・広島・熊本)
3月1日 帝国大学創立記念日(帝国大学令制定にともなって記念日と定める、公布は翌日2日)
3月2日 帝国大学令公布
3月3日 各省に次官を置く
3月9日 初代東京府知事(兼東京市長)に議官高崎五六を任命する
3月18日 名古屋に株式取引所設立
4月1日 メートル条約に加盟
4月4日 東洋絵画共進会開催(於上野公園)
4月9日 東京高等師範学校開設
4月10日師範学校令・小学校令・中学校令を公布する
4月29日 商船学校、高等師範学校などの管制交付
5月1日 外務大臣井上馨、各国公使と第一回条約改正会議を外務省にて開く
5月2日 国産鉛筆工場初めて東京四谷に設置(佐賀県人真崎仁六により起業)
5月10日教科書検定条例制定
5月20日 東京浅草公園、開園祝賀会
5月30日 秋田市の大火(約3400戸焼失)
6月3日自由党員の箱根離宮竣工式襲撃の陰謀発覚(静岡事件)
6月25日 日本薬局方制定公布
7月12日 東経135度の子午線時を本邦一般の標準時と定める
7月24日 監軍本部廃止
7月24日 東京築地の海軍兵学校、広島県江田島に移る(開校は8月1日)
7月26日 朝鮮独立運動の志士金玉均、日本に遊説中神奈川県において拘留の難に遭う
7月31日 箱根塔ノ島の離宮成る
8月13日 長崎上陸の清国水兵暴虐事件起こる
8月13日登記法公布
10月16日宝塚温泉落成式
10月18日 軍艦「畝傍」、回航の途につく
10月24日 ノルマントン号事件 (英国汽船ノルマントン号、紀州沖の暗礁に沈没、日本乗客のみ溺死し問題起る)
10月24日 星亨・中江兆民ら全国有志大懇親会を開催
10月26日 薩摩、大隈に多数隕石落下
11月16日 赤十字条約へ加入の件公布
11月17日 東京の博愛社病院(後の日本赤十字病院)開院式あり(皇后宮行啓)
12月6日 矢島揖子ら婦人矯風会設立
12月11日 西村茂樹、日本道徳論を構ず
12月13日 神奈川県三浦郡三崎に最初の臨海実験所開設される
内閣総理大臣 伊藤博文 (明治18年12月22日~明治21年4月30日)
生活 この年
  • 帝国大学制服制帽を定める
  • 婦人あみもの会発会
  • 時計の輸入37000余個
  • 三田育種場『舶来穀菜要覧』を刊行、農家で栽培法を会得するものあり
  • コレラ流行に際し、ラムネの宣伝功を奏し東京市民一般ラムネの存在をしる
  • ドイツ建築技師ビョクマンの好意により、日本の建築技師及び職人20名がドイツに建築を学ぶため出発する
  • 東京電燈会社、電球の製造に着手
文学
  • 山田美妙著『新体詩選』刊(8月)
その他
  • 鎮守府、軍港をおく
  • 共立女子職業学校設立
  • 共立病院内に看護婦教育所設立
  • 神戸に曳船廻漕会社設立
  • 若松港に筑豊?業組合設立
  • 大阪で18歳未満の人力車夫を禁じ車夫服装を定める規則を公布