明治時代年表

1888年(明治21年)

月日 出来事・事物起源・話題
2月1日大隈重信、外相に就任
2月3日文部省、高崎正風詞・伊沢修二曲の「紀元節歌」を学校唱歌として府県・直轄学校に送付
2月25日 大阪・名古屋・広島・熊本の各師団に騎兵大隊を設置
3月16日世界初の自動車購入者はパリのロジェと記録
4月3日雑誌「日本人」創刊
4月13日 東京上野黒門町に日本初の珈琲喫茶店「可否茶館」開店
4月25日市制・町村制公布
4月30日 枢密院設置(初代議長に伊藤博文を任命)
4月30日 黒田清隆内閣成立
5月7日 学位令による日本で最初の博士誕生(加藤弘之、箕作麟祥、鳩山和夫、高木兼寛ら25名)
5月8日 枢密院開院式(枢密会議において初めて皇室典範を議せる)
5月12日 陸軍各条令大改正公布
5月14日 陸海軍参謀本部条例改正
5月25日 憲法草案会開かれる
5月29日 麒麟(キリン)ビール発売
6月1日東京天文台、麻布に新設される
6月6日 御歌所設置(所長に高崎正風)
6月10日 乃木希典、ドイツ留学より帰朝(以来性格一変して謹厳そのものとなる)
6月18日 枢密院会議に明治天皇御臨(伊藤博文を議長として憲法議事第一回開かれる)
6月19日 日本赤十字社に資金下賜
6月21日 皇城内に初めて電燈点火する
7月14日 海軍大学校官制公布
7月15日磐梯山大爆発
7月29日 朝鮮志士金玉均、札幌に移される
10月1日わが国初の火災保険会社、東京火災保険会社、営業開始
10月7日中国初の海軍「北洋艦隊」が編成される
10月10日 国会議事堂の起工式を挙ぐ
10月14日 皇城二重橋、二ヵ年を要し竣工
10月27日 皇城を「宮城」と改称する
10月28日四国初の鉄道、伊予鉄道松山・三津ヵ浜間開通
10月30日 東京大学に史料編纂係を置く
11月3日 帝国水難救済会創立
11月14日パストゥール科学研究所設立
11月15日 天竜川に鉄橋架設竣工する
11月20日 立憲政党新聞、大阪毎日新聞と改称
11月26日 東京に海軍大学校開校される
11月30日 条約改正後最初の締約(日本・メキシコ間に対等条約成立)
12月3日 全国を3府43県と改める
12月3日 最初の写真印刷法発明特許、池田早苗出願
12月4日香川県、愛媛県から独立
12月8日 牛島謹爾、郷里久留米を出発、渡米の途に上る(後に馬鈴薯の栽培に成功し「馬鈴薯王」と成る)
12月11日 東京美術学校、上野に設立
内閣総理大臣 伊藤博文 (明治18年12月22日~明治21年4月30日)
黒田清隆 (明治21年4月30日~明治22年10月25日)
生活 この年
  • 三越洋服店開業(1月)
  • 綿ネル、支那輸出始まる
  • 日本橋の西洋料理店「新吾妻」玉突場の営業広告を出す
  • 非常に暑く氷がよく売れる
  • 天長節の宴会に大隈外相は鹿鳴館に1000余名の招待状を出す
  • 神戸港以外より米輸出されるに至る(下関・門司・口ノ津)
  • 秦孝一郎が孵卵器の改良をして安価となる
  • 伊豆地方の種無し密柑、和歌山をしのいで東京市場を賑わす
  • 東京風月堂米津がアイスクリームやウォーターアイス(アイスキャンデー)をつくる
  • 喫茶店がはじめて上野黒門町にできた
  • 品川硝子製造所が民間に払下げられビール瓶の製造に成功
  • 東京師団に白米病といわれた脚気患者出る
  • 神戸電燈会社開業(9月)
  • 東京市内、ガラス障子の家がかなり出てくる
文学
  • 『日本人』創刊(4月)
その他
  • 東京・熱海間電話開通
  • 警視庁不潔な円太郎馬車を諭告
  • 東京府は乗合馬車の馭者、馬丁満20歳以下を禁じ、乗合馬車激減
  • 国歌「君が代」の制定公布
  • 静岡、東京長距離電話試験に成功
  • 支那カバンが柳行李にかわり流行する
  • 東京に二人乗人力車が多かったが、漸次減少

明治神宮外苑聖徳記念絵画館壁画

枢密院憲法会議

枢密院憲法会議

五姓田芳柳 筆

公爵 伊藤博邦 奉納

1888年(明治21年)6月18日

赤坂仮皇居御会食所