明治時代年表

1899年(明治32年)

月日 出来事・事物起源・話題
1月5日 乃木希典、琴平宮の鎮座する雪深い象頭山上で新年宴会を催す
1月19日イギリス、エジプトとスーダン共同統治協定
1月19日勝海舟、77歳でこの世を去る
2月1日 東京、大阪、神戸間に最初の長距離電話開通(工費総額約40万円)
2月7日中学校令・実業学校令・高等女学校令公布
2月24日不動産登記法公布
3月4日 著作権法公布
3月14日正岡子規、根岸短歌会を始める
3月28日文官任用令改正(政党の猟官を阻止)
4月4日 東京に音楽、外国語学校開校
4月7日八幡製鉄、大冶鉄鉱輸入契約締結
5月4日 京都武徳殿、新築落成
5月11日参謀総長川上操六没(享年52歳)
5月16日参謀総長川上操六(11日没)の後任に大山巌を任命する
5月18日第1回万国平和会議ハーグで開催
5月24日陸海軍大臣現役武官制確立
5月25日 食堂車初めて山陽鉄道に連結され、これより各線に及ぶ
6月9日農合法公布
6月12日 台北の台湾銀行開業する
7月4日 ビヤホール初めてあらわれる
7月13日 新たに22港を貿易港として開港
(清水、武豊、下関、四日市、門司、博多、口津、三角、巌原、佐須奈、鹿児島、那覇、浜田、境、宮津、敦賀、七尾、伏木、小樽、釧路、室蘭、唐津の諸港)
7月15日軍機保護法公布
7月17日 治外法権撤廃に依り、諸外国人の内地雑居許される
7月17日日英通商航海条約をはじめ、以後成立の改正条約実施の第一日、横浜で米船員の殺人事件
7月18日 要塞地帯法公布
7月27日 オランダの首都ヘーグに於て、16カ国の国際仲裁裁判所説立
8月3日私立学校令
8月4日東京初のビアホール、新橋にオープン
8月4日 悪疫防止に海港検疫法実施
8月5日 樟脳(しょうのう)の専売制、台湾にて実施
8月12日 富山市の大火(約5000戸焼失)
8月12日 横浜開港以来の大火(約3200戸焼失)
9月6日 ヘイ米国務長官、中国の門戸解放を各国に通告
9月15日 函館の大火(約2000戸焼失)
9月17日 最初の内外人合同劇開演(伊井容峰一派とイギリス俳優ゴーフら合同)
9月18日 朝鮮に初めて鉄道敷設される(仁川・鷺梁間20哩)
9月27日 台湾銀行開業
10月2日木下尚江・河野広中・片山潜ら、「普通選挙期成同盟会」結成
10月28日 条約改正実施祝賀式典、宮中豊明殿で挙行(大臣以下100官を招待)
11月9日 赤坂離宮の観菊御宴
11月9日憲政党、山県首相に提携をもとむ
11月26日 東京商業会議所の新築竣工する
12月16日年賀郵便特別扱い始まる
12月17日東京市の水道工事完成
12月18日 淀橋にて東京水道工事落成式
12月26日アメリカの門戸開放に同意
12月31日 政府発行の従来の紙幣を廃し、国立銀行発行の新紙幣に代える
内閣総理大臣 山県有朋 (明治31年11月8日~明治33年10月19日) 
生活 この年
 
  • 西洋料理人の組合進徳会設立
  • 森永太一郎、赤坂に洋菓子店を開業
  • 家屋税等に反対運動起こる
  • 東京で水道による給水開始
その他
  • 川崎・大師間の大師電気鉄道開通
  • 高等女学校令・実業学校令公布
  • 東京・大阪間長距離電話開通
  • 大阪・門司直通電信開通
  • 府県税・家屋税に関する件公布
  • 私立学校令公布
  • 図書館令公布
地方 この年
北海道
  • 北海道旧土人保護法を公布し、アイヌに無償で土地を交付する
  • 小樽・釧路・室蘭が新開港地として指定される
東北
  • 岩手県の田代・種山に軍馬育成所の出張所を新設する
  • 星亨が青森で壮士たちに襲われる
  • 福島に羽二重生糸市が開かれる
関東
  • 東京市の水道落成式
中部
  • 河北郡八田村の用水紛争で裁判所と警察署が対立する(石川)
近畿
  • 三重県の御木本幸吉が養殖真珠を献納する
  • 姫路に第十師団司令部を設置する
中国
  • 岡山の黒住教本社工事が落成し、遷宮祭をおこなう
  • 下関・浜田・境が新開港場として指定される
四国
  • 谷干城・大石正巳らが四国地租増徴反対同盟会を結成(高知)
  • 愛媛県下の旧自由・進歩党員が海南政友会を結成する
九州
  • 福岡県立工業学校を設立し、久留米・小倉に分校をおく