Home > 1891年(明治24年) Archive

1891年(明治24年) Archive

ニコライ堂が完成

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ニコライ堂
小川千甕画「ニコライ堂」

1891年(明治24年)3月8日、東京・駿河台(現千代田区神田駿河台)にニコライ堂が完成、開堂式が行われました。

ニコライ会堂、駿河台の上に竣成し、帝都の中に巍然たる、エキゾチックの大殿堂を、仰ぎ見る事になった。会堂の上層から宮城(皇居)を見下ろすは不敬だなどと言うものもあった。

「漫画明治大正史」より

続きを読む

屋井先蔵、電気時計を発明する

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1891年(明治24年)5月21日、我国の発明家・屋井先蔵の発明による電気時計が、1205号の特許権を得ました。これが実に日本最初の電気に関する特許でありました。

彼の電気時計はゼンマイの無い完全なもので、数個の時計が同時に同時刻を指すことも出来るという、当時外国でも発明された電気時計より、数段の優秀性を有していたにもかかわらず、実際はたった2個の製品が売れたのみで、一般には普及されずに終ってしまいました。

続きを読む

「坂の上の雲」を掴もうとした男、二宮忠八 (2)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

二宮忠八が設計した飛行機の模型
二宮忠八が設計した飛行機の模型

日本最初の飛行機の発明家二宮忠八に依って、その創案となる飛行機の雛形が初めて実験された記念の日が、1891年(明治24年)4月29日でした。

当時二宮忠八は丸亀の衛戍病院に陸軍三等調剤手として任官中でありましたが、かねての念願止み難く、公務の余暇に造り出したのが、飛行機の模型でありました。

続きを読む

忠臣愛国の「烈女」、畠山勇子(大津事件秘史)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

畠山勇子
畠山勇子

1891年(明治24年)5月11日のロシア皇太子ニコライが負傷した大津事件は、日本の危機管理能力のあまさもさることながら、何よりも「ロシアが日本に攻めてくる」と日本国中で大騒ぎとなります。

その騒ぎのなかの5月20日の夜、京都府庁の門前で、一人の若い女が自殺しているのが発見されます。

のどをついて自害した者まである。二十七歳の女性である。畠山勇子といい、べつに津田三蔵とつながりのある人物ではない。千葉県鴨川のひとで、事件をきくと京都へ急行し、京都府庁の前にすわり、短刀をぬき、のどを掻き切って死んだ。
坂の上の雲』(列強)より

続きを読む

「西郷隆盛生存説」と大津事件

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

津田三蔵
津田三蔵

1891年(明治24年)5月11日、滋賀県巡査の津田三蔵が、大津でロシア皇太子ニコライを刺し負傷させる事件が起こります。(大津事件

明治二十四年のことである。その五月十一日、皇太子は琵琶湖を見物した。
その帰路、大津を通過したとき、沿道を警備中の巡査
津田三蔵が突如、そのもちばをはなれ、皇太子の人力車に賭けより、抜刀して三度にわたって斬りつけた。
坂の上の雲』(列強)より

国をあげて歓迎すべき国賓に対して、津田三蔵は警官の身でありながら、何故に凶行に及んだのでしょうか?

続きを読む

「坂の上の雲」を掴もうとした男、二宮忠八 (1)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1891年(明治24年)4月29日、丸亀の歩兵連隊に在営中の二宮忠八が作った模型飛行機が、世界で初めて飛行に成功しました。この模型飛行機は、紙で作られてはいますが、プロペラ式のゴム動力で10メートルほどの距離を飛んだといいます。

二宮忠八は1866年(慶應2年)に愛媛県宇和島の出身で、少年時代は「凧張り忠八」と呼ばれたほど凧揚げに熱中していました。余談ですが、二宮が生れた後の2年後に誕生する同じ愛媛県出身の秋山真之は少年時代は「秋山の凧」と呼ばれています。といっても、凧に描く絵が上手だったということですが。

続きを読む

樺山資紀の蛮勇演説

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

樺山資紀蛮勇演説とは、第二議会で衆議院解散の一因となった樺山資紀海軍大臣が行った演説のことをいいます。

1891年(明治24年)12月22日、松方内閣が第二議会に提出したインフラ整備や軍備拡張を軸とする歳出8,352万円の予算案を提出します。これに対して、衆議院の査定は、軍艦製造費・製綱所設立費を全額削除し、その額は衆議院予算委員会段階で794万円になりました。

衆議院本会議の予算審議の際、軍艦建造費削除の動きに怒った樺山海相は、

現政府は此の如く内外国家多難の艱難を切抜けて今日迄来た政府である、薩長政府とか何政府とか言っても、今日国の此安寧を保ち、四千万の生霊に関係せず、安全を保ったと云ふことは、誰の功力である

と、ついうっかり、「日本国民が無事に暮らしていられるのは我々薩長のおかげである」と本音を口に出してしまいました。

議場は騒然となり、議長中島信行は樺山に降壇を命じます。民党は樺山海相をせめ、この期に政府不信任の意味をもって重要議案を否決し、予算案も査定案で可決しようとした。窮地に追い込まれた政府は同月25日に衆議院を解散します。

しかしながら、政府は天皇をうごかしたり、世論を歓喜したりして海軍拡充計画を実行してゆきます。

なお余談ですが、樺山資紀は人となりが正直で、時々公憤を発するところがあったようです。その一つが西南戦争の熊本籠城、その二がこの蛮勇演説、その三は日清戦争時の黄海海戦に見られます。俗にこれらをまとめて、「樺山の三公憤」と呼ぶそうです。

救国の英雄が国賊に

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ニコライ二世

写真は1891年(明治24年)、シベリア鉄道の起工式に出席途中、日本を訪問したロシア皇太子ニコライが長崎に到着後、お忍びで上陸した際に撮影した写真です。

坂の上の雲〈2〉その帰路、大津を通過したとき、沿道を警備中の巡査津田三蔵が突如、そのもちばをはなれ皇太子の人力車に駆けより、抜刀して二度にわたって斬りつけた。(中略)
皇太子のこめかみに一刀あびさせ、さらにのがれようとするところを、後頭部へ一刀あびせた。(中略)
三蔵は、ギリシアの王子の竹鞭ではげしくたたかれ、行動をはばまれた。つづいて二人の日本人車夫が津田に組みつき、その剣をうばい、これをとりおさえた。

坂の上の雲』(列強)より

続きを読む

見染塚

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

見染塚
(愛知県一宮市木曽川町)

1891年(明治24年)の夏、正岡子規が木曽路を経て美濃伏見から舟で木曽川を下り、北方で下船、木曽川停車場から汽車に乗るつもりで駅前の茶店で休憩をします。この時の思いでを、1899年(明治32年)7月、子規が発表した小作品「旅」の中に記しています。

続きを読む

Index of all entries

Home > 1891年(明治24年) Archive

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • くじら: 貴重な資料をゲットさ read more
  • mijeoung Park: とても貴重なしりょう read more
  • 匿名: ダンディ坂野だな read more
  • 黙魚: たのしく読ませていた read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • 紀州: ひさしぶりにおじゃま read more
  • 和田壽弘: 日本最初の博士の一人 read more
  • 匿名: 最後の行、”戦士”で read more
  • Yuki: タケオさんの写真が素 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top