Home > 1909年(明治42年) Archive

1909年(明治42年) Archive

仕立屋銀次、検挙される

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

仕立屋銀次
仕立屋銀次

1909年(明治42年)6月23日、全国で約500名の子分を有するという日本一のスリの大親分と称された仕立屋銀次(本名富田銀蔵、44歳)が逮捕されました。

銀次は、東京浅草生まれで、13歳で日本橋の仕立屋に奉公に入り、その後独立します。だが妻を捨てて、恋仲になった相手が、有名なスリの親分の一人娘だったために、彼はやがて跡を継いで親分となったのでした。

続きを読む

相撲の常設館(国技館)が完成

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

国技館
相撲の常設館(国技館)

日露戦争後、梅ケ谷・常陸山両横綱の対戦が人気をよび、ナショナリズム高揚の気運にものって相撲興行は好況を呈しました。

その機にあわせ大日本相撲協会は、天候に左右されていた興行を安定させるため、東京両国の回向院境内に常設館を建設します。

続きを読む

伊藤博文、ハルピン駅頭にて凶弾に倒れる

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ito.jpg

1909年(明治42年)10月26日、前朝鮮総督伊藤博文満州巡察の途、ハルピンの駅頭に於て、鮮人安重根に狙撃され、幕末以来の明治の大功臣も69歳を一期に一瞬にして不慮の死に終ってしまいます。

続きを読む

ロシアパン

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ロシアパン

坂の上の雲」を愛読していると、やたらとロシアという言葉に目を惹かれることがあります。

先日コンビニエンスストアで写真の「ロシアパン」というあまりにもストレートなネーミングと他のパンよりも明らかに大きい見た目につられ、ついつい買ってみました。食べてみての感想は、味がどうのこうのというよりも、「どうしてロシアなのか?」ということが気になります。

で、山崎製パンのホームページで調べてみると、

ロシア(をはじめ東欧圏)で、古くから食べられていたパンを模してつくったことから、この名があります。東欧では、グルテンを含まないライ麦粉などを原料に使っているため、ふんわりとした食パンタイプのパンができず、丸型やナマコ型のパンが一般的です。それでこのようなかたちをしています。なお、1909年にオープンした新宿中村屋さんが、ロシアパンを売り出したところ、とても人気を集めました。日本でも意外に歴史が古いパンといえそうです。

ということだそうです。

1909年(明治42年)ということだから、日露戦争後に発売されたパンとなります。上述の「ロシアパンを売り出したところ、とても人気を集めました。」という点において、なんとなく、日露戦争に買っても賠償金がとれなかった日本国民が、それならばパンに向かって「ロシアを食ってやる」というような想いが実はあったりしたのではないかと思ったりします。

Index of all entries

Home > 1909年(明治42年) Archive

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • くじら: 貴重な資料をゲットさ read more
  • mijeoung Park: とても貴重なしりょう read more
  • 匿名: ダンディ坂野だな read more
  • 黙魚: たのしく読ませていた read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • 紀州: ひさしぶりにおじゃま read more
  • 和田壽弘: 日本最初の博士の一人 read more
  • 匿名: 最後の行、”戦士”で read more
  • Yuki: タケオさんの写真が素 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top