Home > 1892年(明治25年) > 弱きを助け強気をくじく新聞、「万朝報」創刊

弱きを助け強気をくじく新聞、「万朝報」創刊

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

明治30年代、日本とロシアの緊張が高まる中、アジアの国際情勢と日本の運命について当時の新聞各社は見出しを飾りはじめます。

坂の上の雲〈2〉「露国の大兵、東亜に向ふ」
明治三十四年一月十一日の時事新報。ロシア陸軍四万がオデッサから海路極東にむかったという(中略)
「まさに来らんとする一大危機・露国の満州占領は東亜の和平を攪乱す」
右は一月二十二日の万朝報の社説

坂の上の雲』(列強)より

1892年(明治25年)11月1日、黒岩涙香を主筆とする新聞「万朝報」が創刊されます。
赤紙に印刷されたので赤紙新聞ともよばれ、「弱きを助け強気をくじく」をモットーする舌鋒の鋭さと安価(一部一銭)がうけ、東京で1、2位を争う有力紙となりました。最盛期の発行部数約25万部。

明治30年代に幸徳秋水堺利彦内村鑑三らが記者として論陣を張り、帝国主義軍国主義に反対して反戦論を展開しますが、1903年(明治34年)に日露開戦是認に転じたため、この3人は退社します。
(後に幸徳秋水堺利彦は「平民新聞」を発刊します)

大正初期は桂内閣・山本内閣打倒で先頭に立ちますが、大隈内閣擁護は読者の支持をえられず、20年(大正9年)黒岩の死去後は経営不振が続き、40年(昭和15年)新聞統合により「東京毎夕新聞」と合併し「万朝報」消滅します。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/441
Listed below are links to weblogs that reference
弱きを助け強気をくじく新聞、「万朝報」創刊 from 「明治」という国家

Home > 1892年(明治25年) > 弱きを助け強気をくじく新聞、「万朝報」創刊

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年11月 »
      1 2 3* 4
5* 6 7 8 9 10 11
12** 13 14 15 16 17 18
19* 20 21 22 23 24 25
26* 27* 28 29 30    
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top