Home > 1869年(明治2年) > 大村益次郎、逝く

大村益次郎、逝く

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
坂の上の雲〈1〉この点、革命ほど人の運命に奇蹟をもたらすものはない。幕末から維新にかけて、長州藩には軍事的才能をもった者が奇妙なほどすくなかった。わずかに作戦家として山田顕義、それに実戦家としてこの山県有朋がおり、その上に
大村益次郎という天才がいたにすぎない。
山県にとって幸運だったのは、その大村が維新成立後ほどなく兇刃にたおれたことである。

坂の上の雲』(馬)より

大村益次郎明治維新後初代兵部大輔として徴兵制度など制度改革を行いますが、1869年(明治2年)の9月4日、攘夷過激派の反発を買い襲われます。

蘭医ボードウィンの手術により一時は命はとりとめますが、敗血症を併発し、同年11月5日午後7時に息をひきとります。享年45歳。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/446
Listed below are links to weblogs that reference
大村益次郎、逝く from 「明治」という国家

Home > 1869年(明治2年) > 大村益次郎、逝く

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年11月 »
      1 2 3* 4
5* 6 7 8 9 10 11
12** 13 14 15 16 17 18
19* 20 21 22 23 24 25
26* 27* 28 29 30    
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top