Home > 1892年(明治25年) > 「もののふの河豚にくはるる悲しさよ」、千島艦事件

「もののふの河豚にくはるる悲しさよ」、千島艦事件

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1892年(明治25年)11月30日、フランスで建造回航中の水雷砲艦「千島艦」(750トン)が、瀬戸内海愛媛県沖で、イギリスP・O会社汽船ラヴェンナ号と衝突沈没する事件が起こりました。

千島艦慰霊碑政府は天皇の名で、横浜イギリス領事館に賠償を求める提訴をしました。一方P・O会社も、衝突の原因は千島艦にあると反訴し、問題は容易には解決しません。事件を知って世論はわきかえります。

正岡子規は同年12月2日の新聞「日本」に、俳句時評「海の藻屑」と題し、千島艦沈没を句で評しました。

もののふの 河豚にくはるる 悲しさよ

事態は政府の失態を責めるとともに、他方では「現行条約励行」を叫んで外国側に報復せよとの論も盛んとなりました。そして対外強硬論者は大日本協会を結成して、政府を攻撃しました。この事件は明治28年に至ってP・O会社が英貨1万ポンド(約9万円)を支払うことで和解が成立しましたが、政局の及ぼした影響は多大なものがありました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/472
Listed below are links to weblogs that reference
「もののふの河豚にくはるる悲しさよ」、千島艦事件 from 「明治」という国家

Home > 1892年(明治25年) > 「もののふの河豚にくはるる悲しさよ」、千島艦事件

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年11月 »
      1 2 3* 4
5* 6 7 8 9 10 11
12** 13 14 15 16 17 18
19* 20 21 22 23 24 25
26* 27* 28 29 30    
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top