Home > 1883年(明治16年) > 鹿鳴館、開館式挙行

鹿鳴館、開館式挙行

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1883年(明治16年)11月28日午後8時半より、鹿鳴館の開館式が行われました。

鹿鳴館

約2年の歳月をかけて、東京都麹町区山下町に完成したルネッサンス風の豪華な国立社交場「鹿鳴館」は、外務卿井上馨の発案によるもので、外国の貴賓の接待を主な目的として建てられました。設計は英国人コンドルにより、総工費は18万円。

舞踏会鹿鳴館では、連日のように夜会や舞踏会、演奏会、バザーが開催され、文明開化に突き進む明治政府の要職者や旧大名家・旧公家の華族らが、在日公使館の欧米外交官らと欧米式の社交を実地に学ぶ社交場であり、社交を通して、欧米の風俗は文化、精神を学ぶことが期待されていました。

また、西欧では「外交」と「社交」は深く結びついており、即ち「社交」を通してお互いを知り、信頼関係を構築していくことは、円滑な外交交渉を行ううえで必要不可欠なものであると井上は考えていました。

しかし、外交の世界における社交の重要性や、鹿鳴館が首都東京の都市計画の一環であるということは、当時の庶民・国権派や民権派には理解がしがたいものでした。彼らは鹿鳴館を、明治政府が推し進める軽薄で浮ついた欧化政策の象徴ととらえます。鹿鳴館で繰り広げられる様々な社交は、国民多数の目には、欧米列強に媚びる政府による貴重な国費の浪費としか見えませんでした。

井上馨の条約改正が失敗に終わると急速に鹿鳴館の存在が色あせ、明治23年に外務省から宮内省に移管され、明治27年には華族会館へ払い下げられますが、昭和15年には鹿鳴館は解体されることとなります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/475
Listed below are links to weblogs that reference
鹿鳴館、開館式挙行 from 「明治」という国家

Home > 1883年(明治16年) > 鹿鳴館、開館式挙行

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年11月 »
      1 2 3* 4
5* 6 7 8 9 10 11
12** 13 14 15 16 17 18
19* 20 21 22 23 24 25
26* 27* 28 29 30    
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top