Home > 1890年(明治23年) > 日本細菌学の祖、北里柴三郎

日本細菌学の祖、北里柴三郎

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

北里柴三郎
北里柴三郎

1890年(明治23年)12月4日、北里柴三郎がジフテリア、破傷風の血清療法を発見します。

北里柴三郎は1886年(明治19年)からドイツのローベルトコッホに師事して多くの貴重な研究業績をあげます。とくに、それまで多くの研究者が挑戦して失敗した破傷風菌の純粋培養に成功しました。

次いで免疫体を発見し、血清療法を考案して全世界にその名を知られることになります。

北里は1892年(明治25年)に帰国すると、福沢諭吉の援助により日本最初の私立伝染病研究所を創設し、所長として活躍。明治27年、政府よりペスト大流行中の香港に派遣されて調査中に、短時間でペスト菌を発見します。

福沢諭吉は、

「北里は日本の宝だ。死なせてはならない」

と進言し、北里はただちに本国に戻されたといいます。

伝染研究所員の志賀潔が赤痢菌を発見するなど、伝染研究所は華々しい成長をあげ、日本の細菌学、予防医学に大きく貢献しました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:1

hito 2006年12月 4日 22:57

北里大学病院が近くに有るのですが、学祖が北里 柴三郎博士だとは知りませんでした。

Comment Form

Home > 1890年(明治23年) > 日本細菌学の祖、北里柴三郎

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年12月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29* 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • hito: 北里大学病院が近くに read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top