Home > 1867年(慶応3年) > | 聖徳記念絵画館 > クーデタ、王政復古の大号令

クーデタ、王政復古の大号令

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

王政復古
聖徳記念絵画館 壁画「王政復古」
島田墨仙  筆
侯爵 松平康荘 奉納
慶応3年12月9日
京都御所小御所

1867年(慶応3年)12月9日、徳川慶喜大政奉還を受け、国の新たな組織づくりが求められる中、討幕派は徳川家の政権からの一層を狙った大号令を発します。

この政変劇の首謀者は攘夷派公卿の岩倉具視、薩摩藩士の大久保利通西郷隆盛、長州藩士の木戸孝允ら武力討幕派の面々。

近世の政体は天皇の象徴的な統治権と、徳川将軍家の決定・命令権がくみあわされた二元体制であることから、このクーデタは朝廷の旧制度と幕府を同時に廃止し、全国統治権を天皇直属の政府に統合することが目的でありました。

王政復古の具体的な構想は、

  • 15代将軍慶喜の大政返上と将軍職辞退
  • 摂政・関白および幕府の廃絶と三職(総裁・議定・参与からなる最高政治機関)の設置
  • 神武創業時に復古する理想の下での天皇親政の実施
というものです。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1867年(慶応3年) > | 聖徳記念絵画館 > クーデタ、王政復古の大号令

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年12月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29* 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top