Home > 1910年(明治43年) > 日本人初の飛行に成功

日本人初の飛行に成功

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

飛行機

飛行機がわが国ではじめて離陸したのは1910年(明治43年)12月、場所は東京代々木練兵場です。

まずは12月14日、日野熊蔵大尉が独製グランデー式単葉飛行機ではじめての離陸に成功します。高度はわずか10メートル、距離60メートルでした。

つづいて12月19日、徳川好敏大尉が仏製ファルマン式複葉機で高度70メートル、練兵上を2周し距離3キロメートル余、約4分間という日本人初の飛行に成功しました。

なお、のちに徳川大尉は、盧溝橋事件が惹起すると、臨時航空兵団司令官として在中国の全航空兵力を指揮して、地上軍と共同、戦果を拡大します。さらに発展して航空兵団となり兵団長、司令官を務め、1935年(昭和10年)には陸軍中将となります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/497
Listed below are links to weblogs that reference
日本人初の飛行に成功 from 「明治」という国家

Home > 1910年(明治43年) > 日本人初の飛行に成功

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2006年12月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29* 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top