Home > 1872年(明治5年) > 1月8日は陸軍始(観兵式)

1月8日は陸軍始(観兵式)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1872年(明治5年)1月8日、明治天皇は日比谷門外の操練場で行軍式を閲兵しました。天皇自ら麾下の軍隊を督励するとともに、徴兵令を翌年に控え、国民の軍隊の重要性を印象付ける目的がありました。
そして、毎年正月8日を「陸軍始観兵式」として定めました。

陸軍観兵式
(明治20年頃の観兵式)

蔵新にして、大元帥陛下親しく兵を閲し武を励まし給ふ。即陸軍始観兵式にして新年の八日(日曜に当る時は翌九日)練兵場に行幸して之を行はせらる。其御次第は左の如し。
一、時刻、諸兵隊、青山練兵場に到着す
一、午前九時三十分御出門、鹵簿第二公式
一、臨幸の報を得て、指揮官、喇叭手に命じ号音をなさしむ
一、御着場、指揮官以下、入口に奉迎、諸隊敬礼、音楽隊、楽を奏す
一、テント内に入御
一、御乗馬、指揮官、御先導にて、場内御一週、閲兵式を行はせらる
  (但親王以下乗馬扈陪覧)
一、御一週畢て、分裂式御覧
  (但親王以下乗馬の儘陪覧)
一、式畢れば、テント内に入御、続て還幸

『宮中儀式略』より

閲兵式とは天皇陛下が整列する諸隊の前を通御し、軍紀の振張を検閲する式であり、分列式とは軍隊の運動を観覧する式をいいます。この閲兵式と分列式とを合せ「観兵式」と称します。時宜によりその一つのみを行うこともありますが、天皇陛下臨幸に於いてはこの二種を合せ行います。

なお、翌年より海軍も同様に観艦式を執り行いますが、ただ陸軍と比べると、その規模がどうしても大きくなるため、後に恒例行事としては廃止されることになります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/515
Listed below are links to weblogs that reference
1月8日は陸軍始(観兵式) from 「明治」という国家

Home > 1872年(明治5年) > 1月8日は陸軍始(観兵式)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年1月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top