Home > 1893年(明治26年) > 下瀬雅允発明の爆薬を「下瀬火薬」と命名

下瀬雅允発明の爆薬を「下瀬火薬」と命名

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1893年(明治26年)1月17日、下瀬雅允発明の爆薬を「下瀬火薬」と命名されました。

坂の上の雲〈4〉シモセ・パウダーといわれる下瀬火薬が発明されたのは、明治二十一年のことで、実験をかさねた結果、海軍が採用したのは、明治二十六年のことであった。が、翌年にはじまった日清戦争には使用されなかった。
日清戦争のときはすでに下瀬火薬ができあがっていたが、しかし機械のほうがまだ不完全だったので使えなかった。」

坂の上の雲』(黄塵)より

1886年、フランスで発明された石炭酸から合成されるピクリン酸火薬を、軍が組成を秘密にして使用していたものを、海軍技手下瀬雅允が、ピクリン酸と看破し、1888年(明治21年)に砲弾の炸薬に利用することを提唱しました。

1893年(明治26年)に採用され、当初は水雷用の炸薬として日清戦争で試験的に試用されました。1898年(明治31年)から陸軍板橋火薬製造所で工業生産を開始します。当時独立の火薬製造所をもたなかった海軍も、1899年(明治32年)には下瀬火薬製造所を設けて量産を始めます。

下瀬火薬日露戦争時にその威力を発揮し、1906年(明治39年)にTNTが現れるまでは世界最強の爆薬といわれました。下瀬雅允はその功績により、勲三等に叙せられ、海軍省より償金1,200円が授与されました。

多年学理を推究し日夜意匠を擬し刻苦励精撓まず百難を排して遂に有効なる爆発薬を発明し海軍用として是を採用するに至る是れ実に我兵器に一層の鋭利を加へ帝国海軍に稗益を与ふる尠からざるのみならず其勤労特に大なりとす依て其償金千弐百掩圓を下賜す
拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/524
Listed below are links to weblogs that reference
下瀬雅允発明の爆薬を「下瀬火薬」と命名 from 「明治」という国家

Home > 1893年(明治26年) > 下瀬雅允発明の爆薬を「下瀬火薬」と命名

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年1月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top