Home > 1905年(明治38年) > | 明治の人々 > 島村速雄、第二戦隊司令官となる

島村速雄、第二戦隊司令官となる

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1905年(明治38年)1月18日、島村速雄は第二戦隊司令官となります。

この日、鎮海湾付近は小雨模様であった。藤井鮫一大佐の汽艇が三笠に近づいたとき、煙雨のなかにカッターが一隻あらわれた。「どなたか」と藤井がきくと、その艇の水兵が「島村閣下です」と答えた。
第二艦隊第二戦隊司令官の少将島村速雄のことである。島村はごく最近まで東郷の参謀長をつとめていたが、いまは加藤友三郎に後をゆずって戦隊司令官になっている。
坂の上の雲』(艦影)より

島村速雄日清戦争時は常備艦隊参謀として、日露戦争開戦時には東郷平八郎司令長官の指名により、第一艦隊兼連合艦隊参謀長となります。

しかし、来るバルチック艦隊との決戦を向かえ、参謀の任は秋山真之に託し、自らは第二艦隊補強のために第二戦隊司令官に就きました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 1905年(明治38年) > | 明治の人々 > 島村速雄、第二戦隊司令官となる

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年1月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top