Home > 1907年(明治40年) > 東京株式相場暴落、成金の没落

東京株式相場暴落、成金の没落

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝1907年(明治40年)1月21日、東京株式相場が暴落に転じました。

日露戦争後、南満州鉄道創設や鉄道国有化などがなされ、株式会社設立ブームが起こるなど、一時的に好景気が訪れました。このころ将棋の「歩」が運よく敵陣に入って「金」になるように、幸運をつかんで金持ちになったものを、「成金」と呼んでいました。
その代表的な人物が「鈴久」こと鈴木久五郎です。

かれはこの上げ潮にのって鐘紡株を買いまくり、三十九年春にすでに財産三百五十万円の「成金」になった。その年末には鐘紡の大株主として総会に乗りこみ、鐘紡の主である武藤山治を追い出すことさえしたのである。その後も東京株式の買占めに移るとそれが値上がりし、市街鉄道株を買えばそれが暴騰するという状態で、万事トントン拍子であった。鈴久は有頂天になって、連夜のように新橋・赤坂と遊び廻り、四十年正月には「『成金』なるもの待合の女将を招集して会社の臨時総会に擬し、自らの座長の席に着き、配当として年玉に東京株式取引所一株ずつ配分し、当時の価格六百幾十円に換算して豪奢一世を驚かす」という馬鹿騒ぎまでするのである。

『日本の歴史』(大日本帝国の試練)より

しかし、この好景気は長続きはしませんでした。この株式ブームに当って、実株をもった三井・三菱が売りに廻っていたのでした。「驕れるもの久しからず」で、鈴久の栄華の夢も長く続かず、この暴落でいっぺんにもとの「歩」に戻ってしまいました。

また、日露戦争戦時中からの重税の継続による疲弊により、産業活動は停滞し、この戦後恐慌により、以後日本は第一次世界大戦(1914年)が始まるまで、長い経済不況期を迎えることになります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/528
Listed below are links to weblogs that reference
東京株式相場暴落、成金の没落 from 「明治」という国家

Home > 1907年(明治40年) > 東京株式相場暴落、成金の没落

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年1月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top