Home > 1889年(明治22年) > | 聖徳記念絵画館 > 大日本帝国憲法発布

大日本帝国憲法発布

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

憲法発布式
聖徳記念絵画館 壁画「憲法発布式」
和田英作  筆
公爵 島津忠重 奉納
明治22年2月11日
宮城正殿

1889年(明治22年)2月11日、大日本帝国憲法が発布され、式典が宮中正殿で、内外の高官を招いて行われました。大日本帝国憲法の発布により天皇を中心とする国家体制が確立されるとともに、国民の国政に参与する途も開かれ、日本はアジアにおける唯一の立憲国家となりました。

大日本帝国憲法は明治中期から昭和前期の日本国家の基本となった憲法で、通称は明治憲法と呼ばれます。ヨーロッパで憲法調査にあたった伊藤博文を中心に、おもにプロイセンやドイツ連邦の憲法を範に起草。枢密院の審議をへて1889年(明治22年)2月11日に欽定憲法として発布され、90年11月29日に帝国議会の開会とともに発効となりました。

全76条からなるこの憲法によれば、天皇は国の元首として統治権を総攬し、法律の裁可、議会の召集、衆議院の解散、陸海軍の統帥・編成、宣戦・講和、条約の締結、文武官の任免、緊急勅令の発布など広範な大権を有し、憲法の条規により統治権を行使することとされました。

国務大臣は天皇を輔弼し責任を負うとしていますが、国民・議会への責任は明文化されていません。国民は公務への就任や請願の権利、法律によらない逮捕の否認、言論・出版・集会・結社・信教の自由や所有権の不可侵などを制約つきながら認められました。帝国議会は衆議院・貴族院の二院制で立法や予算議定などの権限をもちました。

ただ、解釈の幅が大きく、大正期には立憲主義的理解が深まりはしましたが、1930年代後半以降、軍部の台頭により立憲主義的要素は骨抜きとなりました。第二次大戦の敗戦により実質的機能は失われ、1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法として生まれ変わります。


憲法発布の告文

皇朕れ謹み畏み
皇祖
皇宗の神霊に誥け白さく皇朕れ天壌無窮の宏謨に循ひ惟神の宝祚を承継し舊図を保持して敢て失墜する無し顧みるに世局の進運に膺り人文の発達に随ひ宜く
皇祖
皇宗の遺訓を明徴にし典憲を成立し条章を昭示し内は以て子孫の率由する所と為し外は以て臣民翼賛の道を広め永遠に遵行せしめ益々国家の本基を鞏固にし八洲民生の慶福を増進すへし茲に皇室典範及憲法を制定す惟ふに此れ皆
皇祖
皇宗の後裔に貽したまヘる統治の洪範を紹述するに外ならす而して 朕か躬に逮て時と倶に挙行することを得るは洵に
皇祖
皇宗及我か
皇考の威霊に倚藉するに由らさるは無し皇朕れ仰て
皇祖
皇宗及
皇考の神祐を祷り併せて 朕か現在及将来に臣民に率先して此の憲章を履行して愆らさらむことを誓ふ庶幾くは神霊此れを鑒みたまヘ

憲法発布の勅語

朕国家の隆昌と臣民の慶福とを以て中心の欣栄とし 朕か祖宗に承くるの大権に依り現在及将来の臣民に対し此の不磨の大典を宣布す
惟ふに我か祖我か宗は我か臣民祖先の協力輔翼に倚り我か帝国を肇造し以て無窮に垂れたり此れ我か神聖なる祖宗の威徳と並に臣民の忠実勇武にして国を愛し公に殉ひ以て此の光輝アる国史の成跡を貽したるなり 朕我か臣民は即ち祖宗の忠良なる臣民の子孫なるを回想し其の 朕か意を奉体し 朕か事を奨順し相与に和衷協同し益々我か帝国の光栄を中外に宣揚し祖宗の遺業を永久に鞏固ならしむるの希望を同くし此の負担を分つに堪ふることを疑はさるなり

大日本帝国憲法発布の詔勅

朕祖宗の遺烈を承け万世一系の帝位を践み 朕か親愛する所の臣民は即ち朕か祖宗の恵撫慈養したまひし所の臣民なるを念ひ其の康福を増進し其の懿徳良能を発達せしめむことを願ひ又其の翼賛に依り与に倶に国家の進運を扶持せむことを望み乃ち明治十四年十月十二日の詔命を履践し茲に大憲を制定し 朕か率由する所を示し朕か後嗣及臣民及臣民の子孫たる者をして永遠に循行する所を知らしむ
国家統治の大権は 朕か之を祖宗に承けて之を子孫に伝ふる所なり 朕及 朕か子孫は将来此の憲法の条章に循ひ之を行ふことを愆らさるヘし
朕は我か臣民の権利及財産の安全を貴重し及之を保護し此の憲法及法律の範囲内に於て其の享有を完全ならしむヘキことを宣言す
帝国議会は明治二十三年を以て之を召集し議会開会の時を以て此の憲法をして有効ならしむるの期とすへし
将来若此の憲法の或る条章を改定するの必要なる時宜を見るに至らは 朕及 朕か継統の子孫は発議の権を執り之を議会に付し議会は此の憲法に定めたる要件に依り之を議決するの外朕か子孫及臣民は敢て之か紛更を試みることを得さるヘし
朕か在廷の大臣は 朕か為に此の憲法を施行するの責に任すへく 朕か現在及将来の臣民は此の憲法に対し永遠に従順の義務を負ふヘし
御名御璽
明治二十二年二月十一日

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/550
Listed below are links to weblogs that reference
大日本帝国憲法発布 from 「明治」という国家

Home > 1889年(明治22年) > | 聖徳記念絵画館 > 大日本帝国憲法発布

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年2月 »
        1 2 3*
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top