Home > 1902年(明治35年) > | 聖徳記念絵画館 > 日英同盟、条約締結の報告演説

日英同盟、条約締結の報告演説

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

日英同盟
聖徳記念絵画館 壁画「日英同盟
山本鼎  筆
朝鮮銀行 奉納
明治35年2月12日
貴族院

1902年(明治35年)2月12日、桂太郎首相は前月1月30日に調印された日英同盟条約締結の報告演説を貴族院にて行いました。

首相自らが議会で報告演説するのはめずらしいことでありましたが、当時は条約締結が政府の専権事項であったために、桂首相はそれだけ功を誇っていたといえます。

桂首相の演説要旨

諸君、本大臣は本日此議場に於て国際上重要なる事件を報告することを得るは尤も光栄とする所なり。
政府は東亜の時局に鑑み帝国の利益を慮り、帝国と利害を同くする与国と緊切なる関係を結ぶを有益なりと認め昨年来英国政府と累次交渉を重ねたる結果両政府の意思幸に一致するを得たるに依り、勅裁を経て本年一月三十日倫敦に於て帝国全権委員をして英国全権委員と会同し共に一の協約に調印せしめたり。茲に該協約の全文を朗読す。

第一条 両締約国は相互に清国及韓国の独立を承認したるを以て該二国孰れに於ても全然侵略的趨向に制せらるゝことなきを声明す。然れども、両締約国の特別なる利益に鑑み即ち其利益たる、大不列顛国に取リては主として清国に関し又日本国に取りては其清国に於て有する利益に加ふるに韓国に於て政治上並に商業上及工業上格段に利益を有するを以て両締約国は若し右等利益にして列国の侵略的行動に因り、若しくは清国又は韓国に於て、両締約国孰れか其臣民の生命及財産を保護する為め、干渉を要すべき騒擾の発生に因りて侵迫せられたる場合には、両締約国孰れも該利益を擁護するため必要欠くべからざる措置を執り得べきことを承認す。

第二条 若し日本国又は大不列顛国の一方が上記各国の利益を防護する上に於て、列国と戦端を開くに至りたる時は、他の一方の締約国は厳正中立を守り併せて其同盟国に対して他国が交戦に加はるを妨ぐることに努むべし。

第三条 上記の場合に於て、若し他の一国又は数国が該同盟国に対して交戦に加はる時は、他の締約国は来りて援助を与へ協同戦闘に当るべし、講和も亦該同盟国と相互合意の上に於て之を為すべし。

第四条 両締約国は孰れも他の一方と協議を経ずして他国と上記の利益を害すべき別約を為さざるべきことを約定す。

第五条 日本国若しくは大不列顛国に於て上記の利益が危殆に迫れりと認むる時は、両国政府は相互に充分且つ隔意なく通告すべし。

第六条 本協約は調印の日より直ちに実施し該期日より五箇年間効力を有するものとす。若し、右五箇年の終了に至る十二箇月前に締約国の孰れよりも本条約を廃止するの意思を通告せざる時は、本協約は締結国の一方が廃棄の意思を表示したる当日より一箇年の終了に至る迄は引続き効力を有するものとす。然れども右終了期日に至り同盟国の一方が現に交戦中なる時は本同盟は講和終了に至る迄当然継続するものとす。

右証拠として下名は各政府より正当の委任を受け、之に記名調印するものなり。
一千九百二年一月三十日倫孰に於て本書ニ通を作る。
大不列顛国駐剳日本国皇帝陛下の特命全権公使  林 薫 印
大不列顛国皇帝陛下の外務大臣ランスダウン印、本協約の目的は全然平和的にして且清韓両国に於ける帝国の権利及利益を擁護するに在り而して清国の領土保全と門戸開放とは従来列国の是認する所にして且自ら声明する所の主義に外ならざるを以て本協約は列国の異議を招くことなかるべきを信ず
東京日日新聞」(明治35年2月13日の記事)より
拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1902年(明治35年) > | 聖徳記念絵画館 > 日英同盟、条約締結の報告演説

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年2月 »
        1 2 3*
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top