Home > 1904年(明治37年) > 蝶々夫人

蝶々夫人

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1904年2月17日、プッチーニ作曲の歌劇『蝶々夫人』がミラノ・スカラ座で初演され、大成功を収めました。(上演時間:3幕、約2時間)

オペラのあらすじ

時は明治の頃、舞台は長崎。
アメリカの海軍中尉ピンカートンは、ゴローの周旋により、日本に滞在する間だけのつもりで蝶々さんと結婚する。しかし、まだやっと15歳になったばかりの蝶々さんは、仏教からキリスト教に改宗したり、皆が彼女のことを蝶々夫人と呼ぶと、あえてそれをピンカートン夫人と言い直させたりするほど、この結婚を真剣に受け止めている。
この結婚に対する二人の考え方の相違はやがて、二人の間にできた子供とともに3年間彼の帰りを待ち続け、やっと帰って来た時にはアメリカ人の正式な妻を従えているという現実に直面させられた彼女が、「不名誉な生よりも、名誉ある死」を選ぶという悲劇的な結末をもたらす結果となる。

この物語は実在した人物、芸妓山村ツルをモデルとして書かれたと云われます。その舞台となったグラバー邸は、今では長崎の重要な観光名所の一つとなっています。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/559
Listed below are links to weblogs that reference
蝶々夫人 from 「明治」という国家

Home > 1904年(明治37年) > 蝶々夫人

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年2月 »
        1 2 3*
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top