Home > 1904年(明治37年) > | 明治の人々 > 外債募集! 高橋是清の奮戦

外債募集! 高橋是清の奮戦

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1904年(明治37年)2月24日、日銀副総裁の高橋是清は、秘書の深井英五(のちの日銀総裁)とただ二人、横浜からアメリカに向かいます。二週間前に始まった日露戦争の戦費調達のために外国公債を募集するのが目的でした。

坂の上の雲〈4〉その金の調達に、日銀副総裁の高橋是清が、調査役の深井英五をつれてヨーロッパをかけまわっていた。ひややかに観察すれば、これほど滑稽ないそがしさで戦争をした国は古来なかったたにちがいない。
高橋が最初、この使命のために横浜を出帆したのは、この年の二月二十四日である。ロシアに宣戦してから、半月後であった。

坂の上の雲』(遼陽)より

高橋是清
(前列右が高橋是清

外国公債(外債)とは資金調達のため外国で募集する公債・社債のことです。日本国外での債権募集は、明治初年から実施されていましたが、日露戦争戦費調達のための国債発行は額・規模ともに破格のものでした。

当初の軍事予算5億円は最終的に17億円余になり、そのうち国債で14億円をまかない、その国債の中で外債は8億円を占めていました。この外債募集を担当したのが日本銀行副総裁の高橋是清で、2年にわたって欧米を金策のために駈けまわります。

日本の国債は全く人気がありませんでしたが、ユダヤ人迫害を続けるロシア帝国の崩壊を願うユダヤ系アメリカ人ヤコブ・シフが第一回募集1000万ポンドの半分を引き受けてくれます。そして日露戦争の戦況が日本にやや有利になるにつれ、外債の応募も増え、条件も日本に有利になります。

しかし、この借金を返済するため、日本の財政は相当な負担を強いられます。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/565
Listed below are links to weblogs that reference
外債募集! 高橋是清の奮戦 from 「明治」という国家

Home > 1904年(明治37年) > | 明治の人々 > 外債募集! 高橋是清の奮戦

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年2月 »
        1 2 3*
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top