Home > 1886年(明治19年) > 「帝国大学令」公布

「帝国大学令」公布

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1886年(明治19年)3月2日、初代文相森有礼の主導により「帝国大学令」が公布されました。東京大学と工部大学校が合併し、大学院と法・医・工・文・理の五文科大学からなる「帝国大学」が誕生します。

帝国大学の目的は、
  ・国家の必要に応じる学問研究と教授を行うこと
  ・大学院と分科大学からなり研究と教育の機能を分担すること
  ・分科大学は法・医・工・文・理の五分科大学で構成されること
とし、大学全体には総長・評議会をおくことなどが定められました。

その後、京都帝国大学(明治30年)、東北帝国大学(明治40年)、九州帝国大学(明治43年)が創設されました。公・私立や単科大学を認めた1919年(大正8年)の大学令の制定にともなって改正され、各分科大学は学部となり、官立総合大学の通則となります。1947年(昭和22年)に国立総合大学令と改称されますが、1949年の国立大学設置法制定により廃止されます。

帝国大学(勅令第三号)

第一条 帝国大学ハ国家ノ須要ニ応スル学術技藝ヲ教授シ及其蘊奥ヲ攻究スルヲ以テ目的トス
第二条 帝国大学ハ大学院及分科大学ヲ以テ構成ス大学院ハ学術技藝ノ蘊奥ヲ攷究シ分科大学ハ学術技藝ノ理論及応用ヲ教授スル所トス
第三条 分科大学ノ学科ヲ卒ヘ定規ノ試験ヲ経タル者ニハ卒業証書ヲ授与ス第四条 分科大学ノ卒業生若クハ之ト同等ノ学力ヲ有スル者ニシテ大学院ニ入リ学術技藝ノ蘊奥ヲ攷究シ定規ノ試験ヲ経タル者ニハ学位ヲ授与ス
第五条 帝国大学職員ヲ置ク左ノ如シ
  総長 勅任、評議官 書記官 奏任、書記 判任
第六条 帝国大学総長ハ文部大臣ノ命ヲ承ケ帝国大学ヲ総轄ス其職掌ノ要領ヲ定ムルコト左ノ如シ
  第一 帝国大学ノ秩序ヲ保持スル事
  第二 帝国大学ノ状況ヲ監視シ改良ヲ加フルノ必要アリト認ムル事項ハ案ヲ具ヘテ文部大臣ニ提出スル事
  第三 評議会ノ議長トナリテ其議事ヲ整理シ又議事ノ顛末ヲ文部大臣ニ報告スル事
  第四 法科大学長ノ職務ニ当ル事
第七条 評議会ハ便宜ニ従ヒ帝国大学若クハ文部省ニ於テ開設ス
 評議会ノ議ニ付スヘキ事項左ノ如シ
  第一 学科課程ニ関スル事項
  第二 大学院及分科大学ノ利害ノ鎖長ニ関スル事項
第八条 評議官ハ文部大臣各分科大学教授ヨリ各二人ヲ特選シテ之ニ充ツ
第九条 評議官ハ五箇年ヲ以テ任期トス任期満ツルノ後時宜ニ依リ更ニ勤続ヲ命スルコトアルヘシ
第十条 分科大学ハ法科大学医科大学工科大学文科大学及理科大学トス
 法科大学ヲ分テ法律学科及政治学科ノ二部トス
第十一条 分科大学職員ヲ置ク左ノ如シ
  長 奏任、教頭 奏任、教授 奏任、助教授 奏任、舎監 奏任、書記 判任
第十二条 分科大学長ハ教授ヨリ特選シテ之ニ兼任ス
 分科大学長ハ帝国大学総長ノ命令ノ範囲内ニ於テ主管科大学ノ事務ヲ掌理ス
第十三条 各分科大学ノ教頭ハ教授ヨリ特選シテ之ニ兼任ス
 教頭ハ教授及助教授ノ職務ヲ監督シ及教室ノ秩序ヲ保持スルコトヲ掌ル
第十四条 各分科大学ノ教授助教授ノ人員ハ其学科ノ軽重及学生ノ員数ニ応シテ別ニ文部大臣ノ定ムル所ニ依ル
拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1886年(明治19年) > 「帝国大学令」公布

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年3月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top