Home > 1876年(明治9年) > 「武士の魂」と廃刀令

「武士の魂」と廃刀令

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1876年(明治9年)3月28日、明治政府は廃刀令(帯刀禁止令)を公布します。

帯刀禁止の事

自今大礼服着用並ニ軍人及警察官吏等制規アル服着用ノ節ヲ除ク外帯刀被禁侯條此旨布告候事
但違反ノ者ハ其刀可取上事

太政官第三十八号(明治九年三月廿八日)

それより先に、明治政府は1871年(明治4年)太政官布告により「散髪、制服、略服、礼服ノ外、脱刀モ自今勝手タルベシ」という「散髪脱刀令」を布告していました。

散髪は文明開化のシンボルとして定着する一方で、脱刀に関しては、帯刀は武士の特権であり、廃刀は武士階級の崩壊を象徴するものとして反発が強かった為、「勝手タルベシ」を理由に、容易には実行されませんでした。ザンギリ頭になり洋服を着てもその上から帯を締めて刀を差し、旧習を固守する士族が全国的には依然として多かったようです。

これを見かねた陸軍卿山県有朋は「徴兵令が出た以上、帯刀の必要性はない」と強く主張し、ここに「廃刀令」を断行します。要するに、「もう武士が日本国を守る時代は終り、西洋流の近代的軍隊が日本国を守るから、おまえたちは必要ない」と言い放ったようなものです。

これには、「波平行安の名刀」を揮い幕末・維新を駆けた「人斬り半次郎」こと桐野利秋は、「日本刀は我が御国の魂にして、維新の大業の如き皆な日本刀の光輝たらざるはなし、然るに今之を廃するは何ぞや」と、大いに怒ります。

そんな桐野に対して、欧州より帰国した大山巌は、「半ドン、おはんは日本刀日本刀と云はるれども、チブラルタリーの海峡を通るには、日本刀なんか何の役にも立ちませんぞ」と、大山流のチャリ(冗談)でたしなめます。

それでも廃刀令後も、「この刀は売り物」という札をつけて持ち歩く者や、木刀やすりこぎを腰に差して外出する者もいました。三年前の徴兵令により失職した士族は、この廃刀令により武士の象徴まで失うことになり、この不満と不安は、同年秋に「神風連の乱」を引き起こす要因となります。

桐野利秋も、ついに翌年の西南戦争にてその怒りを表します。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/587
Listed below are links to weblogs that reference
「武士の魂」と廃刀令 from 「明治」という国家

Home > 1876年(明治9年) > 「武士の魂」と廃刀令

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年3月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top