Home > 1868年(明治元年) > 秋山好古があこがれた「慶應義塾」

秋山好古があこがれた「慶應義塾」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1868年(慶応4年)4月3日、福沢諭吉は運営する英学塾を芝新銭座に移し、慶應義塾と改称しました。

好古の福沢ずきは、かれが齢をとるにつれていよいよつよなくり、その晩年、自分の子は慶応に入れたし、親類の子もできるだけ慶応に入れようとした。そのくせ生涯福沢に会ったことがなかった。好古はおそらく、富裕な家にうまれていれば自分自身も福沢の塾に入りたかったであろう。
坂の上の雲』(騎兵)より

慶応義塾は、福沢諭吉1858年(安政5年)江戸鉄砲洲の中津藩奥平家中屋敷に開いた蘭学塾で、文久年間(1861年~64年)から英学に転じ原書読解を行いました。1868年(慶応4年)芝新銭座に移り、慶應義塾と改称し、1871年(明治4年)から三田に移転します。

慶應義塾の目的

本塾は単に一所の学塾として自から甘んずるを得ず、其目的は我日本国中に於ける気品の泉源智徳の模範たらんことを期し、之れを実際にしては居家処世立国の本旨を明にして、之れを口に言ふのみにあらず躬行実践以て全社会の先導者たらんことを欲するものなり
「慶應義塾総覧」より

入塾生を社中と称し、塾を「会社(ソサエチー)」として共同体を組織し、明治初年から「受教の費」として授業料を徴収しました。その後たびたび経営難に当面しますが次第に基盤を固め、「独立自尊」を校是として経済学・人文諸学を教える代表的私学となります。

1890年大学部を開設、1903年専門学校となり、19年(大正8年)大学令による文・経・法・医の四学部をもつ大學として認可されます。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 1868年(明治元年) > 秋山好古があこがれた「慶應義塾」

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top