Home > 1895年(明治28年) > | 聖徳記念絵画館 > 下関条約調印、その賠償金の使いぷりは?

下関条約調印、その賠償金の使いぷりは?

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

下関講和談判
聖徳記念絵画館 壁画「下関講和談判」
永地秀太  筆
下関市 奉納
明治28年4月17日
下関春帆楼

1895年(明治28年)4月17日、日清戦争講和条約が調印されました。
下関で調印されたことから下関条約ともいいいます。

日本は、日清戦争の結果、二億両(テール)の賠償金と、領土を得た。領土は、台湾および澎湖島、および遼東半島である。
講和条約の調印は、明治二十八年四月十七日におこなわれたが、そののち一週間もたたぬまに、ロシヤが、
「遼東半島をシナにかえしてやれ」
という横ヤリを入れてきた。
坂の上の雲』(列強)より

清国は1895年3月に李鴻章を全権に任命し、下関で講和交渉を開始しました。しかし、3月24日の交渉の帰途、李鴻章が日本人に狙撃され負傷したため、日本側は列国の干渉をおそれてまず休戦条約を調印します。

4月10日、日本側は当初案から大幅に譲歩した最終案を提出し、4月17日に日本側全権伊藤博文陸奥宗光と清国側全権李鴻章・李経方との間で調印されましたた。(5月8日批准書交換、公布は5月13日)

条約の主な内容は、

  • 朝鮮の独立の承認
  • 遼東半島・台湾・澎湖列島の割譲
  • 賠償金庫平銀2億両(約3億円)の支払い
  • 商航海条約の締結と最恵国条款の確立
  • 沙市、重慶、蘇州、杭州の新規開市
  • 開市・開港場における製造業従事
  • 条約施行の担保として威海衛の一時占領の承認
  • 日清通商航海条約を新たに西洋諸国と同じ条件で結び、日本の治外法権、片務的協定関税率を承認する

というものでした。

この条約により日本は植民地を獲得したことにはなりましたが、やがてロシア・フランス・ドイツの三国干渉があり、涙をのんで遼東半島を清国に返還します。

その代りに、3,000満両を償金として上乗せし、これで賠償金2億両と利子を合わせて約4億円を手に入れたことになります。これは1893年(明治26年)の国家予算の4倍以上にのぼる金額でした。さて、その使いみちはというと以下になります。

臨時軍事費7895万円
陸軍拡張費5,680万円
海軍拡張費13,925万円
八幡製鉄所創立費58万円
30年度臨時軍事費及び一般会計繰入れ321万円
軍艦・水雷艇補充基金3,000万円
31年度一般会計繰入れ1,200万円
帝室御料へ編入2,000万円
教育基金1,000万円
災害準備基金1000万円
明治36年3月未残高370万円

実に、総額4億円の内の約80%の3億円相当を軍事費に費やしていることがわかります。

三国干渉による列強の圧倒的な軍事力を見せ付けられた政府は、軍備の拡張を急ぐために、三国干渉にかこつけて、国民に「臥薪嘗胆」というスローガンをかかげ、排外熱をあおりながら、賠償金の殆どを軍事費に費やしていったのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1895年(明治28年) > | 聖徳記念絵画館 > 下関条約調印、その賠償金の使いぷりは?

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top