Home > 1889年(明治22年) > | 正岡子規 > 血に啼く子規(ほととぎす)

血に啼く子規(ほととぎす)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ほととぎす

1889年(明治22年)5月9日夜、正岡子規は常盤会寄宿舎で血を吐きます。

この年の五月、同郷の後輩である柳原極堂が子規をこの寄宿舎にたずねると、子規がふとんをのべて寝ている。柳原はおどろき、
「升さん、どうおしたのか」
と近づくと、子規は蒼い顔色で笑顔をつくりつつ、
「喀血したのよ」
と、小さな声でいった。
坂の上の雲』(ほととぎす)より

前年の8月、鎌倉旅行ではじめて喀血してから、肺結核の症状がさらに悪化していました。

子規は翌日は朝寝して学校へは行かず、医師の診察を受けますが、午後からは集会に出る為に九段まで出向いたりします。喀血をさほどの事とは思っていなかったようです。しかし、その夜11時ごろ再び喀血し、それより午前1時頃までの間に、時鳥(ほととぎす)の句を作ること四、五十句に及んだところ、翌朝にまた喀血します。これを機にして、子規と号するようになります。

「ほととぎす」
杜鵑、時鳥、不如帰、子規、などとかく。和名では「あやなしどり」などと言い、血に啼くような声に特徴があり、子規は血を喀いてしまった自分にこの鳥をかけたのである。子規の号はこの時できた。
坂の上の雲』(ほととぎす)より

「ほととぎす」は、ホトトギス科の鳥で、全長約28センチぐらいのカッコウに似た鳥です。泣き声は「テッペンカケタカ」、「ホンゾンカケタカ」などと聞こえます。また異名が多く、アヤナシドリ、アヤメドリ、イモセドリ、ウヅキドリ、ウナイドリ、サナエドリ、シデノタオサ、タチバナドリ、タマムカエドリ、トキツドリ、フジョキ、ユウカゲドリなどと呼ばれます。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:1

ダイアナ 2007年6月 1日 17:27

ホトトギスってこの鳥だったって初めてわかりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

Comment Form

Home > 1889年(明治22年) > | 正岡子規 > 血に啼く子規(ほととぎす)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年5月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • ダイアナ: ホトトギスってこの鳥 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top