Home > 1890年(明治23年) > | 正岡子規 > 正岡子規と「富士のよせがき」と「富士山検定」

正岡子規と「富士のよせがき」と「富士山検定」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

富士のよせ書

『富士のよせ書』とは、1890年(明治23年)に正岡子規と五百木瓢亭との共同作業で収拾した、江戸時代以前の古書から富士山に関する記述を抜粋し書き写したものです。

最近、「正岡子規」のキーワードでのアクセスが非常に多いので、どうしてかと思っていましたら、どうやら「富士山検定」に正岡子規の関連する出題がされていたのですね。

「富士山検定」の3級試験の設問に、

-設問53-
富士山に関する文章や詩で、俳句や和歌などを集めた「富士のよせがき」の編者の1人で、明治時代に日本の短歌や俳句の革新をした人物は?

  選択肢 A.国木田独歩  B.森鴎外  C.正岡子規  D.樋口一葉






答えは C の正岡子規ですね。

「富士のよせがき」の編者がわからなくても、日本の短歌や俳句の革新をした人物というヒントで、自ずと答えは正岡子規になりますね。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 1890年(明治23年) > | 正岡子規 > 正岡子規と「富士のよせがき」と「富士山検定」

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年7月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top