Home > 1906年(明治39年) > 「日清戦勝」記念切手と「日露戦役凱旋」記念切手の違い

「日清戦勝」記念切手と「日露戦役凱旋」記念切手の違い

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

「日露戦役凱旋」記念切手
日露戦役凱旋記念切手
 (左) 記9 1銭5厘 291万枚発行 / (右) 記10 3銭 108万枚発行

上の切手は、1906年(明治39年)4月29日に、日露戦争戦勝を記念して発行された記念切手です。

記念切手は国家的な行事または特定の人物や団体の業績などを記念して発行されるもので、ほとんどが発行枚数に制限があり、一部には発売期間を限定したものがあるそうです。

この記念切手は、紙幣や株券などに採用される凹版(おうはん)印刷ではなく、大量に印刷する必要があったため、凸版(とっぱん)印刷となっています。凸版印刷は版のインキのつく部分が、凹版とは反対に盛り上がっていて、この版式は同じものを大量に印刷するとき、版の持久力がよいので、発行数の多い切手にはよく使用されるようです。

でも、「日清戦勝」の記念切手(1896年8月1日発行)は2000枚以上発行されているにもかかわらず、凸版印刷ではなく最高の凹版印刷で刷られています。

「日清戦勝」記念切手(有栖川宮)
日清戦勝
 (左) 記3 2銭 1000万枚 / (右) 記4 5銭 210万枚

「日清戦勝」記念切手(北白川宮)
日清戦勝
 (左) 記5 2銭 1000万枚 / (右) 記6 5銭 210万枚

賠償金を獲得できた日清戦争、そしてできなかった日露戦争
戦争後の明治政府のお台所事情が表れています。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1906年(明治39年) > 「日清戦勝」記念切手と「日露戦役凱旋」記念切手の違い

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2007年8月 »
      1 2 3 4
5* 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top