Home > 1904年(明治37年) > 連合艦隊、佐世保軍港出動(日露開戦)

連合艦隊、佐世保軍港出動(日露開戦)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

連合艦隊
佐世保軍港を出港し、旅順へ向う連合艦隊

日露戦争の火蓋を切らんとして、連合艦隊佐世保軍港を出動したのが1904年(明治37年)2月6日午前9時でした。この日東郷平八郎司令長官は麾下を統率して佐世保軍港に待機していましたが、深更午前1時に至って果然大命が下され、直ちに上村第二司令長官以下各司令官及び各艦長一同を旗艦三笠に召集、大命を伝達、

「これより直ちに黄海に進み、旅順口及び仁川に在る敵の艦隊を撃破しなければならぬ。瓜生第二司令官の第四戦隊は、仁川の敵に当り陸兵の上陸を援護すべし、その他の第一第二第三戦隊は旅順口に向い、闇に乗じて敵艦を襲撃すべし。この戦は実に国家安危の繋る処であれば諸員願はくは奮励努力せよ」

と作戦と訓示を与え、幾多の軍艦は舳艫相銜んで威風堂々と海を圧して出動したのでした。

第二戦隊の二等巡洋艦高千穂が、朝鮮の木浦沖七發島の附近で一頭の鯨に衝き当ったのはその翌7日の夕暮れでした。高千穂は18ノットの速力で走る3650トンの鋼鉄鑑で、その尖端にぶつかったのだからたまりません。大鯨の胴体は砕けて鮮血がサッと海水を染めたので、甲板の水平は「出撃の血祭だ」と思わず快哉を叫びます。

果たして翌8日の午後4時40分、高千穂、千代田、浅間の諸鑑は仁川沖でロシア艦隊と第一砲火を交えてこれを撃退したのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1904年(明治37年) > 連合艦隊、佐世保軍港出動(日露開戦)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年2月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top