Home > 1875年(明治8年) > 苗字は付け易く、改姓は相成り難し

苗字は付け易く、改姓は相成り難し

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

今日誰にでも名があるように苗字がありますが、明治の初めまでは、町民農夫等の平民には名ばかりで苗字(姓)はありませんでした。すなわち武家士族、または特に手柄のあった町人で苗字帯刀を許された者以外には何の某と苗字を称する事は出来ませんでした。

だから越後屋八郎兵衛とか、松坂屋八助とか呼んで屋号を称えたり、あるいは職業によって桶屋の甚兵衛は桶甚、石屋の徳三は石徳、魚屋の金助は魚金などという具合に呼んでいました。

1870年(明治3年)9月19日、明治新政府は太政官通達によって、以後平民も苗字を許すと布令ましたが、長い間苗字無しで済ましてきた町人農夫達は、

「苗字なんか却って面倒だ、第一俺たちに何の某何て肩書きが要るものか」

と言って、相変わらず苗字無しで済ましているので、それから5年目の1875年(明治8年)2月13日、さらに太政官令により、以後は必ず平民でも苗字を称せよと厳命したのでした。

そこで嫌でも苗字を付けねばならない、いったい何と称したら好いのかといろいろ首をひねったあげく、だいたい新姓の標準が出来たのが、生まれ故郷の地名を頭文字とした苗字が最も多い結果となりました。

例えば、地名の頭文字をつけたのでは、加賀生まれの加藤さん、伊勢生まれの伊藤さん、近江生まれは近藤さん、遠江生まれなら遠藤さん。

その他に農家出身なら田の一字を用いて、田中さん、中田さん、太田さん、田上さん、田代さん、新田さん、川田さんなど、山里育ちなら山村さん、山中さん、山下さん、山口さん、大山さん、小山さん、中山さんなどとしました。

地名をそのまま取ったのには、佐野さん、田代さん、田崎さん、大村さん、小村さん、諏訪さん、寺田さん、神代さんなどがあり、由緒ある主家の姓の一字を取った例もあります。

ちなみに、一度苗字を付けると、その改姓はまず認めてもらえません。

だから本来は慎重に付けなくてはならないのですが、苗字を用いる事を大いに喜んだ三重県の伊賀村、下郡村では、早速用いようと村の者40数名が談合して、苗字を全員「歳田」と付けました。しかし、これだと近所中が歳田と名乗るので不都合だと、後になって気付きます。役所に改姓したいとの願いを出しますが、その御沙汰は「相成り難し」と改姓を許されなかったと云う話が実際にありました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1875年(明治8年) > 苗字は付け易く、改姓は相成り難し

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年2月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top