Home > 1873年(明治6年) > 切支丹(キリシタン)禁制の高札を撤去

切支丹(キリシタン)禁制の高札を撤去

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

切支丹禁令の高札

1873年(明治6年)2月24日、明治新政府により、切支丹(キリシタン)禁制の高札が、初めて撤去されます。

江戸幕府の始め、天草の切支丹一揆以来、耶蘇教(キリスト教)に対する禁令は厳密を極め、その信徒に重い刑罰を課すること実に二百数十年間、明治の代になって、やっと信徒の自由が許されるに至ったのでした。

その直接の動機というのは、明治4年の秋、右大臣岩倉具視が全権大使となり、木戸孝允大久保利通らを従えて、欧米列国を歴訪した時、アメリカ政府が日本に対する申出の中に、耶蘇教(キリスト教)禁制の高札を不当とするという抗議がありました。そこで新政府もこれを認め、門戸を開放し、宗教の自由を許す事となったのでした。

ただし、これは列強への対面を繕っただけの黙認であり、特に外国人の目のつきやすい横浜・東京付近の高札を撤去しただけに過ぎません。よって地方では弾圧は依然として行われていたのでした。やがて地方を巡業する宣教師により、キリスト教禁令の高札をしばしば目にしたとの報告がなされて、諸外国は日本政府の欺瞞に気付き抗議します。

日本におけるキリスト教の公認は、正式には1889年(明治22年)の大日本帝国憲法第二十八条による「信教上の自由権」及び、1899年(明治32年)の「神仏道以外の宗教宣布並堂宇会堂に関する規定」によりやっと認められたのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1873年(明治6年) > 切支丹(キリシタン)禁制の高札を撤去

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年2月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top