Home > 1868年(明治元年) > | 聖徳記念絵画館 > 明治新政府の基本方針、「五箇条の御誓文」

明治新政府の基本方針、「五箇条の御誓文」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

五箇條御誓文
聖徳記念絵画館 壁画「五箇條御誓文」
乾南陽 筆
侯爵 山内豊影 奉納
1868年(明治元年)3月14日
京都御所紫辰殿

1868年(慶應4年)3月14日、明治天皇が京都御所の紫雲殿に御し、公卿・諸侯・百官を率いて天神地祇(天つ神と国つ神)を祭り、五箇条の誓い、すなわち「五箇条の御誓文」を発表します。

一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ
一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フべシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメンコトヲ要ス
一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ

「五箇条の御誓文」とは、公議の尊重を主眼とする、明治新政府の基本方針となります。

同年1月に公議政体派の由利公正や福岡孝弟が起草した諸侯会盟の盟約書を原案とし、木戸孝允が修正を加えたとされますが、その過程で土佐藩などが提唱していた諸侯会盟論が完全に否定され、第一条の原案「列侯会議を興し」が「広く会議を興し」に修正されます。また古い悪習の打破(第四条)や、知識を世界に求める(第五条)という開明思想も含まれています。

のちの自由民権運動などにも大きく影響を与えることになります。

また、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)、昭和天皇の「人間宣言」の冒頭にも、五箇条の御誓文は引用されました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1868年(明治元年) > | 聖徳記念絵画館 > 明治新政府の基本方針、「五箇条の御誓文」

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top