Home > 1870年(明治3年) > | 明治の人々 > 日本で初めて靴を造った男、西村勝三

日本で初めて靴を造った男、西村勝三

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

西村勝三
西村勝三の銅像

本日3月15日は、「靴の日」となります。

その謂われは、江戸の幕末に始まった「西洋式軍隊調練」に端を発します。

この西洋式軍隊調練は、明治に入ってもいよいよ盛んになりますが、その西洋式たるや誠にヘンテコなもので、陣笠に洋服、白の兵児帯に大小を差し、鉄砲をかついで草鞋履きという、和洋折衷も甚だ不調和極まるものでした。

そこで兵制改革に最も熱心であった大村益次郎は、靴の必要を感じて、多量の靴を外国に注文します。さて横浜運上所に輸入された注文の靴を調べてみますと、一足として日本人の足に合うのが無かったのでした。これに困った大村は、西村勝三という御用商人に命じて、国産靴工場を建てさせることにします。

西村勝三は他ならぬ兵部大輔の大村に命じられた事でもあり、新たに靴製造の新事業を研究し、東京京橋入舟町に極く小規模の靴工場「伊勢勝造靴場」を設け、そして開業したのが1870年(明治3年)3月15日となります。

何しろ日本で初めて靴を作り出すのですから、開業前後の苦心は並大抵ではありません。ところが、いよいよ開業となった時分に、肝心の大旦那である大村益次郎が、前年の9月に京都で凶漢に斬られて一命を落としていなくなってしまいました。靴はどんどん出来るが、後ろ盾がいなくなった今となると、一足として引取手がいないのでした。勝三もこれには当惑せざるを得ませんでした。

ところが、同年の冬になって、御親兵頭からにわかに軍用靴4万足という大量注文が舞い込んだのでした。勝三はじめ職工一同はてんてこ舞いの忙しさとなり、急募で職工を700人も雇い入れます。その時分のことですから、一人として靴製造に経験のあろうはずもなく、それでも速成講習で取掛かかります。

一方で、原料の皮革が間に合わないという状態もありましたが、西村は何とか踏ん張り、僅か数年の間に大工場長になり、そして大実業家として仰がれるまでに到るのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 1870年(明治3年) > | 明治の人々 > 日本で初めて靴を造った男、西村勝三

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top