Home > 1870年(明治3年) > | 明治の人々 > 「早い、安い、楽ちん」、人力車を発明した和泉要助

「早い、安い、楽ちん」、人力車を発明した和泉要助

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

人力車
合乗りの人力車

日本の交通文化の特異である人力車が発明され、その営業願が東京府役所に届けられた最初の記録が、1870年(明治3年)3月17日でありました。

発明者は当時東京箔屋町在住の和泉要助という人で、横浜で西洋人の馬車にヒントを得て、荷車に腰掛を附けた人力車を考案してみたのに始まり、次第に改良をほどこし、間もなく3月22日に営業が許可されています。

車の種類は一人曳一人乗、または合乗り、二人曳四人乗りなどがありましたが、四人乗りは間もなく廃れてしまい、他の一人乗りと合乗りの人力車がたちまち辻侍駕籠(かご)を圧倒して盛んに流行し出したのでした。

駕籠よりも楽に乗れて早い、そして賃金も安い、という三拍子揃っているのだから、気の利いた駕籠屋は人力曳きに転向する、さもなくば失業する外はありません。

もっとも初期の人力車は鉄輪の車にバネの仕掛けも無かったので、ガラガラと大きな音を立て、石ころ道なぞにかかると、乗っているお客も楽では無かったが、明治5,6年頃から全国の町々に拡がり中国まで輸出されるという盛況であり、明治9年には東京府下で2万台を超えるにいたります。

人力車は大正期以降になると市街電車や自動車の出現により、急速に衰えますが、それまでは市民のハイヤーとして走り続けたのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1870年(明治3年) > | 明治の人々 > 「早い、安い、楽ちん」、人力車を発明した和泉要助

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top