Home > 1882年(明治15年) > 上野動物園オープン

上野動物園オープン

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

上野動物園

1882年(明治15年)3月20日、東京の上野に博物館が新築開館します。
それに併せて、博物館の附属天産部として、現在の上野動物園も同時に開園しました。
入園料は平日が1銭、日曜日は2銭となります。

ただ肝心の動物はといいますと、水牛・サルなどの獣類や鳥類といった国産動物が主体で、今日から見れば固より動物園の内容はとても貧弱なものでありました。

外国から動物が入ってくるようになるのは、シャムから象が来たのが開園後10年目の1892年(明治25年)5月、ラクダは1894年(明治27年)11月に旅順から寄贈、カバは1919年(大正8年)8月に入園、という具合になります。

ただし、園庭は寒松院の庭園7068坪をそのまま用いましたので、池あり林あり、起伏自づから雅致幽邃、むしろ現在より開園当時の方が林泉の美に富んでいたと云います。

その後上野の博物館も時代の趨勢に伴って次第に拡充され、1906年(明治39年)3月20日には、図書部が独立して帝国図書館(現在の国際子ども図書館)が新築開館されました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1882年(明治15年) > 上野動物園オープン

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top