Home > 1887年(明治20年) > 陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育する

陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育する

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

日本における軍用鳩の起源は、1887年(明治20年)3月23日に陸軍省にて伝書鳩を飼育するようになったのに始まります。

当時陸軍省の石川工兵中尉(後に少将)は熱心な伝書鳩の研究家で、普仏戦争中パリ籠城軍が伝書鳩を用いたという実説やその他の鳩便の記録に鑑みても、今後の実戦には伝書鳩を活躍させ、軍事通信の便を計るべきだという理想を抱いていました。

そこで浅田信興中佐(後に大将)も、石川中尉の研究に興味をもち、大いに共鳴したので、同年3月、省内に工兵会議が開かれた際に、伝書鳩利用の事が提議され、即座に採用と決して、先づ試験的に軍用鳩の飼育が開始されたのでした。

しかし、その後に日清戦争日露戦争が勃発したにもかかわらず、戦史には軍用鳩活躍の事は一切見当りません。記録としては、1919年(大正8年)の末にシベリア事変が起り、雪の広野の通信連絡に困って、先づ何より伝書鳩を利用したというのが、日本軍用鳩の最初の実戦参加記録となっています。

ちなみに、日露戦争中のロシア満州軍総司令官クロパトキンを漢字で表すと、「黒鳩公」となります。もしや、縁起をかついだ日本陸軍のお偉い方は、敵将が「鳩」だから、伝書鳩の使用を避けたのかも...

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakanouenokumo.jp/mt/mt-tb.cgi/658
Listed below are links to weblogs that reference
陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育する from 「明治」という国家

Home > 1887年(明治20年) > 陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育する

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top