Home > 1868年(明治元年) > | 坂の上の雲 > | 聖徳記念絵画館 > 日本最初の観艦式

日本最初の観艦式

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

大阪行幸諸藩軍艦御覧
聖徳記念絵画館 壁画「大阪行幸諸藩軍艦御覧」
岡田三郎助 筆
侯爵 鍋島直映 奉納
1868年(明治元年)3月26日
大阪天保山沖

1868年(慶應4年)3月26日、明治天皇が天保山沖において、我国最初の観艦式を御覧になられました。

天皇には、この日京都より大阪へ鳳輦(ほうれん)を進ませられ、安治川を下って天保山へ行幸、そこで佐賀藩の軍艦「電流丸」に召され、鹿児島、山口、熊本、久留米、広島など各藩所属の軍艦をみそなわせられました。

電流丸を始め、鹿児島の「三邦丸」、山口の「華陽丸」、熊本の「萬里丸」、久留米の「千歳丸」、広島の「萬年丸」の6隻で、天保山の行在所に車駕の到着と同時に、電流丸は祝砲を発して迎え奉った。あたかも同日はフランスの軍艦も天保山沖に碇泊していたので、敬意を表して祝砲を発しています。

これが日本最初の観艦式であったばかりでなく、明治天皇の最初の京外行幸でもあり、この時の供奉人員655名という盛儀でありました。

今日より見れば、当時の軍艦6隻、合計トン数僅かに2,454トン(1隻平均409トン)であって、後の日本海海戦当時の二等巡洋艦一隻にも足りないほどでした。

なお、余談になりますが、山口藩所有の「華陽丸」というのは、元は伊予松山藩の「小芙蓉丸」になります。戊辰戦争の折に長州藩が松山藩に乗り込んで、この船を取り上げています。

官軍の一派である長州人が海を渡って松山の海港である三津浜に上陸した。
「先年の長州征伐のうらみを報じてやる」
と、長州人は最初から復讐に燃えてやってきたのだが、小笠原唯八がそれをなだめ、かれらを入れず、ふたたび海へ退去させた。そのとき長州人は松山藩がもっていた最大の財産である汽船を奪った。

坂の上の雲』(春や昔)より

小説「坂の上の雲」にも、このことが記されています。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1868年(明治元年) > | 坂の上の雲 > | 聖徳記念絵画館 > 日本最初の観艦式

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年3月 »
            1
2 3 4 5* 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21* 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top