Home > 1911年(明治44年) > 日本一の橋「日本橋」開通

日本一の橋「日本橋」開通

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

日本橋

1911年(明治44年)4月3日、日本橋の架け替え工事が完了し、開通式が挙げられました。
この工事により、「日本橋」は木橋から現在の石橋になりました。(総工費52万円)

そもそも「日本橋」は、徳川家康が江戸に幕府を開いた慶長の時代より、度々架け替えられていて、今回出来上がった石橋は実に12度目の橋になりました。

これまでの架け替えの遍歴を見てますと、

 ・1603年(慶長8年)
 ・1618年(元和4年) 
 ・1659年(万治2年)
 ・1700年(元禄13年)
 ・1712年(正徳2年)
 ・1763年(宝暦13年)
 ・1773年(安永2年)
 ・1796年(寛政8年)
 ・1805年(文化2年)
 ・1860年(万延元年)
 ・1872年(明治5年)

となります。

ただ、11番目に架け替えられた1872年(明治5年)の「日本橋」は長さ約50メートル、幅約13メートルと、慶長の頃に比べると河幅も狭くなっており、従って橋の長さも縮まり、幅だけが広くなりました。

日本橋

しかし、田舎から東京へ出て来た人が、「日本橋」というぐらいだから、さぞかし大きな橋であるかと想像して来て見ると、とてもみすぼらしい木の橋であったので、これにはかなり失望させられたようです。

今回の石橋で、これぞ「日本一の橋」の面目を保てたと言えます。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1911年(明治44年) > 日本一の橋「日本橋」開通

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年4月 »
    1 2 3* 4 5
6 7 8 9 10 11* 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top