Home > 1872年(明治5年) > 女子の断髪を禁ず

女子の断髪を禁ず

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1872年(明治5年)4月5日、東京府庁から

  「女子の断髪を禁ず」

という変わった告諭が発せられました。

同年3月の「新聞雑誌35号」の記事に依りますと、

近頃府下にて往来女子の断髪する者あり。固より我が古俗にも非ず。又西洋文化の諸国にも、未だかって見ざることにして、其の醜態陋風見るに忍ばず。女子は柔順温和を以て主とするものなれば髪を長くし櫛を用ゆるこそ万国の通俗なるを、いかなる主義にや、あたら黒髪を切捨て、開化の委とか、色気を離るるとか思いてすまし顔なるは実に片腹痛き次第なり

とあります。

断髪する女性とは若い女性、殊に茶屋女に多かったとのことです。

明治4、5年、政府の諸大官が欧米を巡遊して帰朝する者が相次ぎ、その何れもが断髪であったのが、いわゆるザンギリ頭流行の発端となります。

一方で親兵(後の鎮台兵)の制服が半ば洋式に改正されるようになってから、丁髷頭は不似合というので次第にサンギリ頭となって行きます。

また、東京市民の中でも、流行を追う気の早い者達が得意気に断髪したのでした。

1869年(明治2年)には銀座4丁目に、初めて漸髪床を開店した杉村庄太郎という者が現われたりして、丁髷を切落とす者が次第に殖え出します。それでも明治8年頃の東京市民で丁髷を落とした者は4分の1に過ぎなかったと云います。

それが明治10年頃にはやや半分以上となり、明治14年頃には8割弱、明治16年頃には9割、明治21、22年頃となって漸く殆どが丁髷を落としてザンギリ頭になりました。

そこで明治4、5年頃には

  「ザンギリ頭を叩いて見れば、文明開化の音がする」

  「丁髷頭を叩いて見れば、因循姑息の音がする」

というような俗語が歌われるようなります。

ただ、こうした文明開化の断髪の風が、誤って若い婦人の間にも伝わったことから、本題の始めに述べましたような、婦人断髪の禁令が下されることになったのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1872年(明治5年) > 女子の断髪を禁ず

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年4月 »
    1 2 3* 4 5
6 7 8 9 10 11* 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top