Home > 1910年(明治43年) > 第六潜水艇の遭難(佐久間艇長以下の殉死)

第六潜水艇の遭難(佐久間艇長以下の殉死)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

第六潜水艇
第六潜水艇

1910年(明治43年)4月15日、所属第一戦隊第六潜水艇は、山口県新湊沖に出動して、ガソリン潜航訓練に従事していました。

ガソリン潜航とは電力を節約するため、半潜航のまま通風筒の一部を水面に出して、そこから空気をとりガソリン機械を運転する方法で、敵の方から見えない様にして、早く敵艦に近寄り得る有益な戦法です。

しかし、艇が過度に潜入してしまうと浸水してしまうという、とても危険なものでもありました。

この危険を冒して訓練中の第六潜水艇は訓練を試みますが、潜航開始後の船体の動揺で、司令塔付近に大量の海水が侵入し沈降します。佐久間勉艦長以下艇員14名の必死の努力も空しく、午前10時15分に海底に沈没してしまいました。

潜水艇は船尾を海底に埋めてしまい、浮上できなくなります。

佐久間艇長遺言

佐久間艇長は、刻々と迫る死の間際まで沈着にその状況を、鉛筆の走書きでノートに綴った報告書(遺言書)は、余りに有名となり、世界的美談として広く伝えられることになります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1910年(明治43年) > 第六潜水艇の遭難(佐久間艇長以下の殉死)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年4月 »
    1 2 3* 4 5
6 7 8 9 10 11* 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top