Home > 1867年(慶応3年) > いろは丸事件(日本最初の蒸気船衝突事件)

いろは丸事件(日本最初の蒸気船衝突事件)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂本龍馬

1867年(慶應3年)4月23日、日本最初の蒸気船衝突事件が起りました。

土佐藩の海援隊「いろは丸」という蒸気船が、長崎を出航して大阪に向ったのが、同年4月19日でした。

マスト高く紅白の船印を掲げた「いろは丸」(45馬力、160トン)、坂本龍馬を船長とする海援隊にとっては、あたかも晴れの処女航海で、乗組の隊員一同も

 「今日を始めと乗出す船は、稽古始めのいろは丸」

と歌声も朗らかに航海を続けましたが、出帆後4日目の23日、四ツ半(今の午後11時頃)、讃岐の箱の岬沖合にさしかかった頃、不幸にも濃霧のために、紀州藩の蒸気船「明光丸」(150馬力、887トン)と衝突して、あれよあれよという間にいろは丸は遂に沈没、乗員組一同が辛くも救助され、翌朝備後の鞆に引揚げました。

そこで「明光丸」の船長高柳楠之介と坂本との間に、責任問題で紛擾が起り、両船長互いに譲らず、あわや血の雨を降らそうとした処に、後藤象二郎が仲裁に入って、紀州藩から7万両の賠償金を支払うという事で事件の落着を見ました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1867年(慶応3年) > いろは丸事件(日本最初の蒸気船衝突事件)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年4月 »
    1 2 3* 4 5
6 7 8 9 10 11* 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top