Home > 1868年(明治元年) > 白虎隊、飯盛山に散る

白虎隊、飯盛山に散る

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

白虎隊自刃の図

会津の少年義勇隊「白虎隊」が、飯盛山に悲壮な最後を遂げたのが、1868年(慶應4年)8月23日の事でした。

会津藩では幕末の風雲急と見て、藩士中の50歳以上を玄武隊、36歳以上を青龍隊と、18以上を朱雀隊、そして16・7歳の最少年組を白虎隊と名付けて4隊に編成しました。

会津戦争の時、飯盛山の露と消えて、壮烈無比な美談を後世に残した白虎隊とは、同隊の二番隊に属するものでありました。

時に奥羽征討軍に立ち向かった会津藩兵は、矢弾尽き刀折れるまで連日奮戦、味方の軍勢は刻一刻と討倒され、敵軍は東堺の関門から、潮の如く勢いで侵入し、前日22日には城下に肉迫します。

各部隊よく其の部署に就いて力闘はしますが、後から後から押し寄せる新手の大軍には、到底勝算はなく、殊に年少組みの白虎隊は21日以来の激戦に疲労困憊、生残った二番隊の20名は、23日に到って飯盛山に登り、遥かに小手をかざして望んだ時、城も城下も既に火に包まれているのを見て、最早これまでと覚悟するより外はありませんでした。(彼らは戦火を城の陥落と見誤ってしまった。)

即ち臣節を全うして、潔く主君に殉ずるのはこの時と観念し、ある者は自刃し、またある者は刺し違え、20名の少年勇士一人残らず枕を並べて壮烈な最後を遂げます。
(但し唯一人、飯沼貞吉だけは蘇生して人に救われたので、殉難者は都合19名。)

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1868年(明治元年) > 白虎隊、飯盛山に散る

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年8月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top