Home > 1876年(明治9年) > 国産ビール醸造、初めて工業化される

国産ビール醸造、初めて工業化される

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

札幌開拓使麦酒醸造所

日本に初めてビールの醸造が工業化されたのは、1876年(明治9年)9月23日、札幌の開拓使麦酒醸造所開業を以て出発とされます。

同年黒田清隆が開拓使長官として札幌に赴いた際、同地方がビールの原料となる大麦及びホップの耕作に最適であると知り、ビール醸造の計画が立てられました。

ちょうどその頃、多年ドイツに遊学して洋酒の醸造法を研究し帰国していた中川清兵衛に依嘱し、試みに二百石のビールを醸造してみた処、成績頗る良好であったので、それから間もなく中央市場へまで進出する本格的の醸造場が設けられたのでした。これが後のサッポロビールの始まりとなります。

もっとも、個人的に初めてビールを醸造したのは、幕末の蘭学者川本幸民を挙げなければなりません。

川本幸民は、アメリカの提督ペリーが浦賀に来航した時、幕府の通訳となって応接し、その際初めてビールの馳走になった味が忘れられず、自宅でオランダの原書と首っ引で、その醸造法を研究してみた。そして少しづつ家醸のビールを味わっていたと云います。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1876年(明治9年) > 国産ビール醸造、初めて工業化される

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年9月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top