Home > 1904年(明治37年) > ロシア第二艦隊のドッガーバンク事件(ハル事件)

ロシア第二艦隊のドッガーバンク事件(ハル事件)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ロジェストウェンスキー

1904年(明治37年)10月14日、ロシアの太平洋第二艦隊は海軍中将ロジェストウェンスキーを司令長官として日本海遠征のためリバウ港を発途し、バルチック海を西へ向い、デンマーク海峡を過ぎ北海のドッガーバンクに出たのが10月21日の夜の事でした。

折からロシア艦隊の前方ハンバー河口の沖合に、怪しい船影を認め、てっきり日本の水雷艇が来襲したと速断し、狼狽の余りよく臨検も行わず直ちに砲撃を命じたので、その一隻は撃沈、その他四隻に多大の損害を与えてそのまま航海を続けました。

「幽霊の正体みたり枯尾花」

の川柳をそのままに、臆病な彼らの眼に映じた日本の水雷艇は、実はイギリスのハル市の漁船五隻でだったのでした。

イギリス政府はその暴行を知って大いに憤り、海峡艦隊、地中海艦隊に命じてアフリカの西北角タンジールまでロシア艦隊を尾行し、その行動を監視すると共に国際ヘーグ裁判にロシアの不法を訴えます。
その結果、イギリス側の勝訴となり、賠償金65,000ポンド(当時は日本のお金で65万円)を支払わせます。

これがいわゆるドッガーバンク事件(またはハル事件)で、ロシア艦隊は発航後間もなくの不吉な事件に甚だ幸先悪くて気を腐らしてしまうのでした。翌年正月スエズ運河を通過してノシベに到着した時分は、本国より革命騒動の報頻々として士気いよいよ阻害されたのでした

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:1

Ergardt 2010年8月26日 06:06

Рожественский - герой России!
А Японцам помогали Американские банкиры, которые через Японию финансировали и революцию 1905-07 гг.

Comment Form

Home > 1904年(明治37年) > ロシア第二艦隊のドッガーバンク事件(ハル事件)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年10月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top