Home > 1867年(慶応3年) > 坂本龍馬、凶刃に倒れる

坂本龍馬、凶刃に倒れる

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂本龍馬

1867年(慶應3年)11月15日、勤王党の傑物坂本竜馬が不慮の凶刃のため、あたら33歳を一期として不帰の客となり、同士中岡慎太郎も瀕死の重傷を負いました。

土佐藩勤王党の大立者である龍馬が、隠密の網をくぐって勤王討幕の大計に暗躍し、寺田屋で危機一髪の難を脱れてよりは、幕府征長の対抗に、薩長土の連合に東奔西走寧日無き有様でした。

やがて海援隊を設けて海上に活躍、遂に船中八策を草して、将軍慶喜に大政奉還を余儀なくせしめます。さてこそ佐幕党が彼を憎むこと久しく、刺客は常に彼を狙っていました。

折から11月15日の夜は、京都の河原町近江屋という醤油屋で、同士中岡慎太郎と膝を交えて談笑していました。近江屋の主新助は、龍馬の身辺を気遣って、特に裏庭の土蔵中に密室をこしらえ、万一の場合には非常梯子から裏手の誓願寺へ脱走出来るように設備していましたが、龍馬はこの夜、わざと護衛の者一人も連れず、二階の客間八畳で、中岡相手に世間話などをしていました。

そこへ会津藩士佐々木只三郎とその配下6名が、いきなり侵入して凶刃を揮います。
(元見廻組隊士今井信郎の証言)

龍馬は床の間に、中岡は屏風の陰に両刀を置いていたのが不覚の因、驚いて刀に手をやった途端に、続けさまにニ三太刀斬りつけられ、龍馬はその夜のうちに絶命、中岡は瀕死の重傷で、翌日の夕刻息を引取ります。

時に中岡は龍馬より三つ年下の30歳で、共に土佐の生んだ傑物であり、光世の大才であったのに、余りに大きな犠牲でありました。

西郷もこの凶刃を知って泣いたと云います。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1867年(慶応3年) > 坂本龍馬、凶刃に倒れる

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年11月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top