Home > 1867年(慶応3年) > 小御所会議

小御所会議

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

岩倉具視
岩倉具視

1867年(慶應3年)12月9日の夜、京都の小御所に於て、明治天皇出御の下に、王政復古に関する御前会議が開かれました。

新たに設けられた総裁、議定、参与の三職の外に、薩摩、土佐、越前、尾張の五藩主が召されて議事が進んだ。前土佐藩主山内容堂は、大政を奉還した徳川慶喜も列席さすべきだと論じ、参与の岩倉具視はこれに反対して堂々の意見を開陳する。大久保利通後藤象二郎の論駁もあり、頗る議論沸騰します。

西郷隆盛はわざとこの朝議に列せず、大久保に一任して外部の警戒に万遺漏なきを期したのでした。

朝議は一旦休憩あって更に再開、議終ったのは夜の12頃となりましたが、岩倉は懐剣を呑んで、徳川派擁護の山内と議論遂に一致を見ねば、刺違えて死のうとまで覚悟を決めていましたので、後藤も事の成行を憂慮して、容堂を宥めて帰邸させ、遂に岩倉説が勝を占めるに到ったのでした。

すなわち勅裁を仰いで、前将軍徳川慶喜自信より、辞表を奏請し、領地を返納させる事に一決したのです。

この小御所会議こそ、幕末維新の分水嶺であり、歴史の幕の一大暗転で、岩倉の頑張りは大きな功を奏したのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1867年(慶応3年) > 小御所会議

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2008年12月 »
  1 2 3* 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top