Home > 秋山真之 > 秋山真之は小説『坂の上の雲』を予言していた!?

秋山真之は小説『坂の上の雲』を予言していた!?

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
  • Posted by: sakanouenokumo
  • 2009年1月16日 00:46
  • 秋山真之

saneyuki_syo.jpg

写真の書は、秋山真之が1918年(大正7年)に亡くなる直前に書かれた本人の直筆の書となります。

内容は、

 「一息を入れて見お路(ろ)す上り坂」

と、書かれているそうです。

司馬遼太郎氏は小説『坂の上の雲』のあとがきで、下記のように述べていますが、

楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前をのみ見つめながら歩く。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶(いちだ)の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

坂の上の雲』(第一巻「あとがき」)より

まさにこの書は、若い時にがむしゃらに上った坂道を、晩年になって振返っている心境を表わしていると思います。

この書は、先日購入しました『秋山真之七七日忌念写真帖』という古書に掲載されていました。

秋山真之七七日忌念写真帖

1918年(大正7年)2月4日に逝去した秋山真之の四十九日法要に当り、遺族が香典返しの準備をしているところに、秋山真之を偲ぶ人たちに依って作成された記念帖だそうです。

この書を見ていますと、秋山真之は後年に小説『坂の上の雲』が出版されるのを予言していたのか、それとも司馬氏がこの書を見て小説のタイトルに採り入れたのではないか、などと

いろいろと想像をめぐらしてしまうのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 秋山真之 > 秋山真之は小説『坂の上の雲』を予言していた!?

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年1月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top