Home > 1874年(明治7年) > 「軍旗」(連隊旗)授与

「軍旗」(連隊旗)授与

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

gunki.jpg

1874年(明治7年)1月23日に、近衛歩兵第一・第二連隊に授けられたのが軍旗授与の最初で、同年12月2日、太政官布告で規則が制定されました。

明治天皇は、日比谷の操練場に於いて各々一旒の軍旗を親授された記念の日であり、これがそもそも日本最初の連隊旗でありました。

而も1877年(明治10年)の西南戦争を始め、日清戦争、台湾征討、日露戦争など歴戦数次、同連隊旗に対し、厳粛な軍旗祭が挙げられ、式場は将兵共々競技その他の余興で賑わったと云います。

軍旗は天皇から授けられ、大元帥の象徴として尊重され、のちの軍人勅論とあわせて、天皇と兵の精神的一体感を示す一つの象徴となります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1874年(明治7年) > 「軍旗」(連隊旗)授与

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年1月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top