Home > 1873年(明治6年) > | 聖徳記念絵画館 > 琉球藩の設置

琉球藩の設置

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

琉球藩設置
聖徳記念絵画館 壁画「琉球藩設置」
山田真山 筆
首里市 奉納
1873年(明治6年)3月3日
沖縄県那覇港

1873年(明治6年)3月3日、琉球王の使節尚健等一行を乗せた船が、那覇港に入りました。

この一行は、琉球国王尚泰を「琉球藩王」と定める命を明治天皇から与えられた使臣でした。

時代は遡り、1609年(慶長14年)鹿児島藩主島津家久は徳川家康の許可を得て琉球を征服し、与論島以北の奄美諸島を割譲させ、慶賀使・謝恩使を江戸に派遣することで江戸幕府の従属を示させていました。一方で明の皇帝からも冊封を受け朝貢を行っていましたので、琉球王国は「両属」の立場となっていました。

江戸幕府が倒れた後も、「両属」の関係は保たれたままであった為、明治政府は、1872年(明治5年)琉球国を廃し琉球藩を設置することにします。

明治政府の要請で首里王府は維新慶賀使を派遣、明治政府は尚泰を「琉球藩王」とする詔を与え、華族に列すると共に、3万円を賜り、住居も東京に遷させます。

前年の1871年(明治4年)、宮古島民が台湾に漂着、54人が殺害される琉球漂流民殺害事件がおきました。明治政府は琉球国を日本国へ併合するための措置、俗に云う「琉球処分」を急ぎ、将来の廃藩置県を見込みながら、すでに全国で廃された藩を設置するという方法をとります。

1875年(明治8年)、明治政府ははじめて、琉球と清国との関係断絶を図ります。内務官僚の松田道之が琉球に派遣され、清国への朝貢差し止めを命じたのでした。

王府内では種々の抵抗が試みられましたが、1879年(明治12年)4月、遂に処分は断行され、琉球藩を廃し沖縄県とします。軍隊・警察官の動員により首里城は明け渡され、琉球王国は名実共に崩壊したのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1873年(明治6年) > | 聖徳記念絵画館 > 琉球藩の設置

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top