Home > 1872年(明治5年) > 日本最初の博覧会開催

日本最初の博覧会開催

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

博覧会

日本最初の博覧会が東京で開催されたのは、1872年(明治5年)3月5日の事でした。

お茶の水の聖堂を会場として、3月5日は各官吏の招待日とし、一般の人は10日からで入場料2銭で公開されました。

何しろ初めての催しなので、大変な評判となり、当初会期は10日間の予定でしたが、50日間も日延されるという大盛況でした。

出品物は大体骨董品や動植物の標本類が多く、当時の新聞記事には、

 「天地の万物、世界の珍物総てここに集められ人々驚嘆せり」

とあります。

中にも名古屋城天守閣の金の鯱が陳列されて非常な人気を博しました。この催しはその5年前の1867年(慶應3年)、パリに万国博覧会が開かれて、日本からも出品し、徳川民部大輔昭武一行が渡仏したのに鑑み、小規模ながら日本でも開催しょうということで行われたのでした。

主催は文部省で、当時聖堂(旧昌平校)は博物館に当てられていた為、博物館の所蔵品が陳列の大部分を占めていました。

序でながら世界最初の博覧会は、西暦1756年、イギリスのロンドンで開かれた勧業博覧会となります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1872年(明治5年) > 日本最初の博覧会開催

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top