Home > 1891年(明治24年) > ニコライ堂が完成

ニコライ堂が完成

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ニコライ堂
小川千甕画「ニコライ堂」

1891年(明治24年)3月8日、東京・駿河台(現千代田区神田駿河台)にニコライ堂が完成、開堂式が行われました。

ニコライ会堂、駿河台の上に竣成し、帝都の中に巍然たる、エキゾチックの大殿堂を、仰ぎ見る事になった。会堂の上層から宮城(皇居)を見下ろすは不敬だなどと言うものもあった。

「漫画明治大正史」より

ニコライ堂

ニコライ堂の正式名称は日本ハリスト正教会復活大聖堂(東京復活大聖堂)といい、イギリス人コンドルの設計により、1884年(明治17年)に起工しました。通称は日本におけるギリシャ正教の最初の宣教師である大主教ニコライにちなみ「ニコライ堂」と呼ばれています。

ビザンチン風のドームと高塔により、東京のランドマークとして市民に親しまれたが、1923年(大正12年)の関東大震災のときドームなどを焼失します。その後、岡田信一郎の設計で復興され今に至ります。
(重要文化財)

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1891年(明治24年) > ニコライ堂が完成

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top